産後の長引く腰痛の原因とは?

出産後、多くのお母さんが腰痛で悩まされています。こちらでは、なぜ出産後腰痛になるお母さんが多いのか、なぜ腰痛が長引くのか、その理由をご紹介致します。

骨盤の歪み

骨盤の歪み

女性の身体は出産に向けホルモンの働きによって骨盤が広がり、出産を終えたら自然と広がった骨盤が元に戻るようになっています。

しかし、戻る過程で歪みを招く動作や姿勢をしてしまうと、骨盤が正しい位置に戻らず歪みが生じます。そして、骨盤の歪みが原因で全身のバランスの崩れや血行不良などを招き、腰痛になってしまうのです。

育児中の無理な姿勢

育児中の姿勢

子育ては授乳やおむつ交換、抱っこなど、腰に負担をかける姿勢をすることが多いです。授乳や抱っこは赤ちゃんの体重がプラスされ、おむつ交換は前かがみになるため腰への負担が増します。

また、頻繁に同じ動作を繰り返すことも、腰に疲労が蓄積されて腰痛を引き起こす原因です。

睡眠不足

睡眠不足

生後数ヶ月の赤ちゃんはまだ生活リズムが整っていません。数時間ごとに寝る、起きる、ミルクの繰り返しです。

お母さんも赤ちゃんの生活リズムに合わせて毎日を過ごすため、十分な睡眠を取れないことがあります。

しかし、疲労回復に必要な睡眠が足りないと、疲労が蓄積されて腰痛を招きます。

運動不足

妊娠中の運動不足も腰痛の原因です。
妊娠中はお腹が大きく、赤ちゃんが心配なこともあり、妊娠前より運動量が減ってしまいます。
しかし、運動をしないと腰を支える背筋や腹筋などが衰え、腰への負担が増してしまうのです。

ストレス

育児期間中は睡眠不足や忙しさなどで、どうしてもストレスが溜まりがちです。過度なストレスは血行不良や筋肉の緊張、胃腸の不調など様々なトラブルを引き起こし、それらが要因となって腰痛を招きます。

和歌山県和歌山市にある当院は、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、ぎっくり腰、慢性腰痛など、様々な種類の腰痛に対応している整骨院です。産後の骨盤矯正や整体も得意とし、お母さんが子育てを快適に行えるようにお手伝い致します。キッズルームやバウンサーもありますので、腰痛でお困りのお母さんもお気軽に足をお運びください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加