むちうち治療は期間が決まっている?「DMK136」とは

車やバイク事故に遭ってしまったときの代表的な後遺症として、むちうち症があります。
任意保険を利用してむちうち治療を受ける際、場合によっては治療途中にも関わらず保険会社から治療を打ち切られるケースがあることをご存じでしょうか?

治療期間の目安?「DMK136」

交通事故治療期間の目安とは?

治療の打ち切りといっても治療が終了するわけではなく、保険会社から治療費の支払いが終了することを意味します。
保険会社では、治療費の支払い期間は「DMK136」を目安にしていると言われています。

DMK136のDは打撲、Mはむちうち、Kは骨折を意味し、後ろにある数字は治療にかかるおおよその期間です。つまり打撲は1ヶ月、むちうちは3ヶ月、骨折は6ヶ月が治療期間の目安とされ、期日が近づいたら打ち切りの通告をされることがあります。

DMK136はあくまで目安であり、すべての方がDMK136に該当されるわけではありません。
しかし、症状が改善されていないのにも関わらず、様々な理由で治療打ち切りの通告を受けることがあります。

治療を打ち切りされる理由

打ち切りされる理由は数多くありますが、主な理由として下記が挙げられます。

 

通院回数

首肩の痛みや頭痛などの症状があるにも関わらず、忙しくてなかなか通院できない方もいることでしょう。しかし、通院回数が少ないと保険会社は「治療はもう必要ない」と判断し、治療の打ち切りを決めます。

 

現状維持の治療内容

治療方法には様々な種類があり、症状によって治療方法は違います。
しかし、ビタミン剤を処方してもらい続ける、湿布をもらうだけなど現状維持を目的としたものは、漫然治療と判断されて治療が打ち切られる可能性があります。

 

打ち切り通告をされたら?

交通事故治療の打ち切り通告をされたら相談を

保険会社から打ち切りを通告されたら、まずは改善に向かっていること、治療が必要なことをしっかり伝えることが大切です。

また、交通事故後の施術に対応している整骨院などの多くは、弁護士と連携をとっています。保険会社との交渉が難航した場合は、通っている整骨院などに相談するのもひとつの方法です。

当院も交通事故後の施術はもちろん、法律の専門家さんと連携をとっていますのでお気軽にご相談ください。

交通事故後の施術に対応し、痛みのない施術で評判の当院では、骨盤矯正(骨盤調整)を組み込んだオーダーメイド整体で症状の改善を目指しています。むちうち症や腰痛などでお困りでしたら、お気軽に和歌山県和歌山市にある当院をご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加