交通事故後の後遺症を残さないために

交通事故に遭ったとき、後遺症を残さないためにも下記の点に注意しましょう。

痛みがなくても放置しない

交通事故後遺症

交通事故後は、事故に遭ったショックや興奮で痛みがあっても感じないケースがあります。また、むちうちの場合は数日後に痛みが発症することが多いです。

交通事故後の後遺症の有無は、初期段階での治療が鍵を握ります。痛みや外傷がなくても早めに病院で診察を受けましょう。

職場、家族に事故に遭ったことを伝える

「怪我や痛みはそこまで酷くないから仕事はできるだろう」と過信して無理をすると、症状が悪化する可能性があります。できるだけ患部に負担がかからないように、無理をせず安静にしましょう。

また、ご家族はもちろん、職場にも事故に遭ったことを報告しておくことが大切です。
事故後は保険会社と連絡を取りあったり、通院したりする時間が必要です。報告しないでいると、治療に必要な時間を確保できず完治までに時間がかかり、つらい後遺症をもたらす可能性もあります。

とくにむちうち症は外傷がないため、周囲の人につらさを理解してもらえないことも少なくありません。通院の時間を確保し、無理をしないためにもできるかぎり職場に報告しておきましょう。

通院を怠らない

交通事故で通院

仕事が忙しくて時間が作れないなどの理由で、整骨院や病院に通うのを後回しにしてしまう方もいます。

しかし、忙しいことを理由に通院を後回しにしても症状は改善せず、後遺症で悩むことになってしまいます。

また、症状が緩和してきたからと、自己判断で整骨院や病院に行くのをやめる方もいます。むちうち症は中途半端に放置してしまうと、頭痛やめまいなどの症状を引き起こしやすいため注意が必要です。

交通事故後の後遺症や腰痛などお身体のつらい不調でお困りなら、ぜひ和歌山県和歌山市にある当院にご相談ください。当院の整体はボキボキバキバキ鳴らさない施術で、痛みや可動域の改善、身体のバランスを整えていきます。施術は痛みがないと評判が良く、多くのお客様から痛みが改善されたとお喜びの声もいただいています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加