むちうちにも種類がある!?

交通事故によるケガの代表的な不調に「むちうち」が挙げられ、むちうちは適切な施術をしなければ後にまで不調が残ることがあります。

しかし、病院の検査では、はっきりと原因が分からないため事故の施術は必要ないとされるケースも少なくありません。

「むちうち」には種類があり、それぞれ不調の出方も異なります。自然とよくなるから施術は必要ないと自己判断はせず、下記のような不調がみられる場合は十分にご注意ください。

  • むち打ちでの首痛
  • むちうちからの手のしびれ
  • むちうちからのイライラ

頚椎捻挫型

むちうちの大半を占めるのが、頚椎捻挫型です。
文字からも分かるように首が捻挫して起こります。

主な症状には首肩周辺の痛み、頭痛や吐き気などが挙げられ、人によっては首肩の硬直によって動かすと痛い・動かしにくいなどがあらわれます。

神経根型

強い衝撃によって頚椎に歪みが生じ、神経根が通る椎間孔部分が圧迫され様々な不調が出るむちうち症です。手足のしびれや痛み、筋力の低下などがでます。

人によっては咳やくしゃみをすることで、痛みが強くなることもあります。

バレ・リュー型

頚部の神経の緊張や椎骨動脈などの流れが悪くなることで起きるなど、発生原因ははっきりと解明されていません。また、複数の原因が組み合わさって、様々な不調がでるとも言われています。

頭痛、耳鳴り、首の違和感、眼精疲労など、多くの不調があらわれます。

脊髄型

脊髄にまで損傷が至ることで生じるむちうちです。
下肢の痺れ、筋力低下、四肢の麻痺、膀胱直腸障害などがあらわれます。

昨今はむちうちには分類されず、非骨傷性の脊髄損傷として扱われるケースが多いです。

脳髄液減少

強い衝撃によって脳のくも膜が損傷し、脳を守る脳脊髄液が漏れて不調が起きると考えられています。
疲労感、睡眠不足、集中力の低下、気圧の変化による頭痛やめまいなど、多岐にわたる不調があらわれます。

和歌山県和歌山市にある当院は、交通事故によるケガの施術に対応している整骨院です。
また、病院では良くならなかった慢性痛などにも対応しています。骨盤と筋肉バランスを調整し、根本から痛みを快方へと導きます。施術はボキボキバキバキ鳴らすような整体ではなく、優しい整体なので痛みもなく、多くのお客様から「痛みがないから安心して施術を受けられる」と評判です。

つらい腰痛や肩こり・慢性痛、むち打ち、交通事故の痛みでお悩みなら、当院までご相談ください。