足の冷え 和歌山市 整体

冷えるとなぜいけないの?

冷えは私たちの身体にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

 

漢方では、人間の身体には14の経絡があるといわれ、
そのうち、肝・胆・脾・胃・腎・膀胱の経絡が足に流れているとされています。

 

足を冷やすと、その経絡に属する各臓器の働きやパワーが低下し、新陳代謝も衰え、自己治癒力が低下してきます。

 

特に、膀胱経には各内臓神経の出ている背骨に沿って背部愈穴という、各経絡にエネルギー(気)を送り込むツボが並んでいるとされ、冷えることにより、その力も弱まるということです。

 

足の冷えにより体中の各機能が低下してきますと、それをコントロールする自律神経のバランスも崩れ
体や骨盤の歪み、そのほか色々な症状が出るようになります。

 

異常にほてるのも、冷えの一種と考えられています。

 

以上のことから、足の冷えを防ぐことは非常に大事なことであり、各種の健康法や整体法の効果を最大限に高める方法だといえるでしょう。

 

 

『冷えは万病の元』
現代の生活は年間を通して冷える要素が非常に多くなっています。

 

お風呂や足湯などを上手に使い、一日の冷えはその日のうちに取り除き、自己治癒力を高め健康な毎日を過ごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加