笑いと免疫

笑いは人を救う!?

人体では白血球の中のリンパ球の中にあるNK細胞という細胞が、ガン細胞をやっつけています。

 

大阪の、ガン専門の先生が十数年前に
「ガンと笑い」
について研究されています。

 

難波花月劇場にガン患者さんを集め、お笑いを見てもらい、笑う前(見る前)と笑った後(見た後)とでNK細胞の数を計る実験を行ったところ…
笑った後ではNK細胞がグ~ンと増えていることがわかったのです。

 

これは世界的な論文にもなったそうです。

 
関東にある大学の先生は「糖尿病と笑い」について研究されました。

 

2日間の実験で
糖尿病の患者さんに、午後集まっていただき、500Kcalの食事をしてもらい
1日目は糖尿病の講義を聴いてもらい、講義の前後で血糖値を計測。

 

平均122の上昇がみられました。

 

2日目も同じ患者さんに同じ条件で
今度は当時人気絶頂の漫才コンビに40分間しゃべってもらったところ
血糖値の上昇は平均79しか上がってませんでした。

 

笑いが血糖の上昇を抑えるということが証明されたのです。

こちらも世界的な論文となり新聞にも載ったそうです。

 
アメリカの、とあるジャーナリストは49歳のときに、500人に1人しか治らないという難病にかかりました。

 

500人に1人しか治らないなら
笑って笑って笑いまってやろうと考え、病室に大笑いできるビデオを持ち込み1日に何度も笑ったそうです。

 

すると、わずか数ヶ月で難病が治ったのです。

この話は精神免疫学の教科書にも載ってるそうです。

 
このようなことから
「笑いが免疫力を高める」
ということはハッキリと証明されていると言えます。

 

思い出し笑いでも何でもOK。
笑うことが大切です。

 

朝起きたら
「今日も目が覚めたよ、ありがたいね、あっはっは!」
と、1日を笑いから始めましょう。

 

「笑う門には福来る」です。

 

 

推薦バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加