子供のかかとの痛み。成長痛であるセーバー病の対策

 

お子さんのかかとの痛み、なんとかしてあげたいですよね?

  • 歩くのは大丈夫だけど、走ると痛い
  • ジャンプすると痛い
  • 押さえると痛い

小学生ぐらいのスポーツをするお子さんで、踵が痛いというときの状態一つに「セーバー病」があります。

 

別名「踵骨骨端症」ともいわれています。

 

かかとが痛くなる理由

 

骨端核が存在するような年齢の時に繰り返される踵部分でのストレスが

この疾患が発生する原因だといわれています。

セーバー病

もともと、軟骨成分の多い子供の骨は衝撃にも弱く、腱による強力な引っ張る力が加わると軟骨部分では骨は骨端線のある部分から縦方向に伸びるように大きく成長していきます。

 

しかし、この骨端線部分の組織はしっかりと骨が形成されるまでの期間は骨よりもやわらかい軟骨組織で出来ています。

 

そのため、バスケットボールやバレーボールなどのスポーツで繰り返しジャンプの着地を繰り返したりすることで踵部分に大きな衝撃が加わると柔らかい軟骨組織は衝撃によって痛んでくることに。

 

また、長距離走や、部活動の外練習などでのランニングなどでも靴のサイズが自分の足にフィットしていなかったり、アスファルト路面を走り続けたりした場合は、やはり踵へストレスが継続的に加わることで痛んできたりします。

 

膝においてはオスグッド病がよく聞かれますが、それとよく似た状態だと考えていただくと、わかりやすいかと思います。

 

一回の衝撃やケガによって発症することは少なく、明らかな原因が無い中で、運動中に痛みを訴えることが多いようです。

 

痛くて踵をつけることができないような状態になることもあります。

 

やはり、運動によるアキレス腱の張力と、繰り返される踵への衝撃が発症する原因であると考えられます。

 

また、アップシューズで練習しているときはさほどでもないのですが、スパイクを使用中には特に突き上げによる痛みで、さらに痛みが増強するという特徴もあります。

 

どうやったら回復するの?

 

治療としては、

一時的に運動や体育を控えて様子を見ることで、自然と痛みは楽になってきます。

 

ですので、将来的にスポーツができなくなるなどといった心配はありません。

 

しかし、痛みを我慢してスポーツを続けると回復が遅れたり、何より、いいパフォーマンスが出来ないですよね?

 

これは見てる大人以上に、お子さん自身にとって、すごく歯がゆいことだと思います。

 

親御さんや監督が

・サボり

・根性が足りない

 

と考えてしまれると、本人までもが、

 

・休んだらレギュラーになれない。

・試合に出たいから黙っていよう

・誰も理解してくれないからガマンして練習するしかない

 

となってしまう危険性もあります。

 

痛みをガマンしながら練習するようになると、痛みを慢性化させてしまい、残念ながらセーバー病の早期回復はのぞめなくなってしまいます。

 

早期からの適切な対応が、早期回復のカギです。

 

かかとが痛いので、かかとの骨に異常があるのでは?

 

と不安になりますが、痛みを起こしているのは、かかとの骨ではなく、骨膜(骨をおおう膜)や筋肉などです。

 

つまり、足の筋肉を緩めてあげることで痛みは軽減していきます。

 

痛みが長引いている場合は治療したほうが良いでしょう。

 

ふくらはぎ、太ももの筋肉の過緊張を取り除き、骨盤も整えることで、改善していきます。

 

お子さんにつらい思いをさせないためにも無理はさせないで下さいね。

 

お子さんのかかとの痛みでお困りでしたら

おがわ整骨院へご相談下さい。

 

推薦バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加