くしゃみ・咳をした瞬間、動けなくなってしまう腰痛

■ くしゃみや咳でも腰痛を起こすことがある!

 

あなたはこんな経験ありませんか?

  • くしゃみしただけなのに、腰に力が入らなくなり動けなくなった。
  • 咳しただけなのに腰へ痛みが走るようになった。
  • 腰痛がまた起こりそうで、くしゃみや咳をするのが怖い

このような経験をされている方は、あなただけではありません。

 

中には「くしゃみや咳で腰痛なんか起こるかよ」と
周りに信じてもらえない方も…。

 

なった人にしか理解しがたい腰痛ですが
少しの注意で防ぐことができます。

 

くしゃみや咳での腰痛でお困りの方のお役に立てれば幸いです。

 

■ くしゃみや咳で起こる腰痛は急激な筋肉の収縮が原因

 

くしゃみで腰痛

いわゆる「ぎっくり腰」です。

腰の周りにはたくさんの筋肉が何層かになって存在しています。

くしゃみや咳での腰痛の場合、表面の層の筋肉ではなく、深い層の筋肉がダメージをうけていることが多いです。

 

■ 中腰のままくしゃみをするのは危険!!

中腰のままだとお腹側と背中側の筋肉の緊張バランスが均衡でない状態ですので

そこへさらに急激な筋肉の収縮が加わると、ぎっくり腰をおこしやすくなります。

 

くしゃみをする際、
大げさのようですが体を起こし腰を安定させてから行うことで腰痛を回避できます。

 

くしゃみや咳での腰痛を繰り返している方は特にご注意ください。

 

 ■ ぎっくり腰を起こしてしまったらまず安静。

横向き(向きやすいほう、痛みが少ないほう)に寝るか、仰向けの場合は膝を曲げて、腹筋側がゆるむような体勢がおすすめです。

 

うつ伏せの場合は、お腹の下に毛布や布団など丸めてを入れて腰が丸くなるようにすると楽な場合が多いです。

 

いずれも、個人差や痛んでいる箇所により変わりますのでご自身が一番楽な体勢で安静にしてください。

 

■ 動かなければいけない時はコルセット、腰痛ベルトを使用する

本来は安静第一なのですが、どうしても休んでられないという場合はコルセット、腰ベルトの使用をオススメします。

 

腰周囲を支えてくれますので、幾分かは楽になります。

 

強く締めたほうが腹圧があがり安定感は増す傾向にありますが、苦しいの我慢して締めるのも問題ですので、締め具合は加減してくださいね。

 

ただし、コルセット、腰痛ベルトは常用するとそれに頼ってしまい、本来の筋力を落としてしまうことにつながり逆に腰痛をおこしやすくなってしまいます。

 

ですので、痛みが少ないときや自宅で過ごしているときは外しておき、筋肉に負荷をかけてあげることも大事です。

 

■ 痛みが引かないときは病院や整体へ。

「早急にこの痛みを一発でとってほしい!」

というのであれば、整形外科へ行き痛み止めの注射をされるのがよいでしょう。

 

しかし、痛み止めは痛みを止めているだけであって、治っているわけではありません。

 

痛みが止まっているからと動き回ると、腰の負担はさらにかかりますので
「痛み止めが切れてきたときに痛みが増していた」
ということも起こり得ます。

 

整体の場合、体のゆがみを治して痛みを緩和するという方針の所が多いですのできちんと治したいという方にはオススメです。

ご自身の状況に応じて選んでくださいね。

 

 

推薦バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加