ぎっくり腰は冷やすべき?温めるべき?緊急な対処の仕方

急に腰に激痛がきたり、腰に力が入らなくなったりする「ぎっくり腰」

動くのも辛い。。。
じっとしてても痛い。。。
このまま動けなくなるのでは。。。

 

と、不安に掻き立てられるぎっくり腰。

 

初めてぎっくり腰になってしまわれた方は特に

冷やしたいいのか、温めたがいいのかどうしたらいいのかわからないと思います。

 

何回も起こしているという方も
体についての重要なことも書いてますので、ぜひご一読ください。

ぎっくり腰

■ まずは腰の痛いところを触ってみて下さい。

自分で触るのがつらい場合や、近くに人がいる場合は頼んで
腰痛がでているところに手を当ててもらってください。

近くに人がいない場合は自分で、なのですが、
無理な体勢とると余計に腰痛がひどくなりますので、無理して触らなくて結構です。

 

痛い箇所が、その周辺にくらべ、熱を持っている場合や腫れているようならアイシング(冷却)を行ってください。

もし、熱を持たず、腫れも無いようでしたら温めてみるといいです。

 

アイシングでも温めでも必ず、楽な体勢、で行ってください。

 

■ アイシング(冷却)の仕方

保冷剤、氷嚢、水枕などを使います。

タオルなどにくるんで、直接皮膚にはあてないようにしてください。
(凍傷をおこす危険性があります)

 

15~20分、冷却してみて下さい。

痛いとこが熱を持っていると言うことは痛めたとこが炎症を起こしているサインです。

アイシングすることで痛いところの血管を収縮させ一時的に炎症を沈め、痛みを麻痺させます。

 

麻痺させているだけで、治っているわけではありませんのでご注意を。

無理して動くと腰痛は増してしまいます。

 

※ 注意点
アイシングしている最中に痛みが増すようでしたら、即中止して下さい。

 

■ 温め方

こちらは、そっと温める感じでいいです。

手のぬくもりを与えるだけでもいいですしカイロをあてるのもいいです。
ぬるめのお風呂でじっくりともいいです。

血行を促進し、自己回復力を高めます。

 

※ 注意点
こちらも、温めている最中に痛みが増してきたら、即中止して下さい。

温める

■ 全身の血行が止まると人は死んでしまいます。

本来、体は冷やさない方がいいです。
例え局所的であっても。

 

当然ですが、血が行き届かなくなると細胞は死んでいきます。

アイシングで血管を収縮させて、一時的に血行を悪くし痛みを抑える。

場面によってその対処は大いに役立ちます。

 

しかし、もし、痛いとこ以外までも冷やしてしまったらどうでしょう?

単に血行が悪くなってしまうだけですよね。
血行悪いと、細胞は死んでしまいますので体にいいことはありません。

 

ですので、アイシングの際には痛いとこのみにする必要があります。

熱を持っていないとこまで冷やすのは、回復を遅らせるだけですので注意して下さいね。

 

■ まとめ

ぎっくり腰になった場合、冷やした方がいいか、温めた方がいいかは
痛いところが熱を持ってるか持っていないかで判断して下さい。

 

冷やす方が楽になると言う方が多いです。

でも、急性だから何でもかんでも冷やせばいいってもんでもありません。

その時に合った対処を行いましょう

 

自分ではどっちかわからない!
と言う場合は
「心地いい方」を選んで行ってみてください。

 

 

推薦バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加