右の背中がチリチリしびれる。しびれ、違和感の解消法。

■ 右の背中のチリチリとしたしびれ。

 

肩を動かしても、腰をひねっても痛くない。
でも右の背中がチリチリとしびれてる感じがある。

 

特に思い当たる原因もない。

 

何が起きてる?
ほっといてもいいもの?
この、地味に嫌~な感じ、なんとかならん?

 

という方に、
チリチリ感の解消法をご紹介します。

 

背中のしびれ、違和感

 

■ チリチリとしたしびれの原因は筋肉にあります。

 

捻った、ぶつけた、などの原因がない場合
しびれの原因は疲労による筋肉の緊張が考えられます。

 

筋肉の緊張が、血行、神経の通りなどを悪くし、チリチリとしびれた感じを出してしまっているのです。

 

ただし、チリチリしてる右の背中が原因とは限りません。

腕かもしれないし、腰かもしれない。
首かもしれないし、足首かもしれない。

 

また、過去に手や足などの捻挫やケガをしたことがあるならその過去のケガの影響も出ている可能性もあります。

レントゲンやMRIなど、画像ではわからないことも多いのでしびれている右の背中にとらわれすぎないようにして下さい。

 

 

■ 運動と休養のバランスが大事です。

 

筋肉は使ってあげることによって血行もよくなり、良い状態を維持します。

 

しかし、使いすぎる事で疲労がたまると緊張し固くなってしまいます。

ですので、適度な運動としっかりとした休息が必要となります。

 

ジムやスイミング、ウォーキングなど運動に気を使っている人は多いですが、休息に気を使っている人は少ないような気がします。

 

 

■ 休息の質を上げると回復は早くなる

 

アスリートなどが遠征へ行く際(または帰国の際)の空港での映像で、寝具を持ち込んでいるのをみかけたことはないでしょうか?

 

コンディションを整える上で、休息の質が大事なことを知っているからです。

 

もちろん、栄養面でも管理され、寝具だけで回復力を高めるわけではないですが、筋肉の疲労をとる手段の一つとして重要視されているんですね。

 

みなさんに寝具を買えと言ってるのではないですよ(笑)

あくまでも休息の質が大事ってことです。

では、どうやって休息の質を上げるのか?

 

睡眠

 

■ もっともリラックスできる体勢で寝る

 

普通に寝るだけでも休息は取れるのですが、質を上げるためには一工夫。

 

普段の寝方にクッションや毛布などを使い、足の高さを変えたり、足の間に挟んだり。

 

自分がもっとも楽だと思える姿勢をみつけることで筋肉が、よりリラックスし、緊張がとけ、血行、リンパ、神経の通りなどが改善し背中のチリチリ感もなくなっていきます。

 

質をあげるには
もちろん、休息をとる環境、時間帯も大事。

 

真夏に直射日光ガンガンのとこでは休もうにも休めないでしょうし
日中に寝るより夜に寝た方がいいです。

 

睡眠時間も短すぎると疲れは残りますので、質の向上と共に時間もしっかりとって下さいネ。

 

 

■ まとめ

右の背中がチリチリしてると、「右の背中が悪い」と思ってしまいがちですが、そうとも限らないんです。

それは、体は筋肉や筋膜(筋肉を覆っている膜)により、全身つながっているからです。

つまり、全身の影響を受ける。

 

だから、痛いとこだけでなく、全身の状態をよくすることが回復への近道となります。

 

背中のチリチリ、違和感でお悩みの方は

自分の全身状態を把握する、自分の体にしっかり目を向けるいい機会です。

この機会に生活習慣も見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

推薦バナー

背中、肩甲骨周りの痛みについて詳しくはこちら

背中、肩甲骨周りの痛み

背中、肩甲骨周りの痛みに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加