サーファー必見!サーフィンで腰痛を起こす場面

■ 腰痛もちのサーファーが気をつけるべき場面

 

時にはゆったりと、時にはハードに波と戯れ、自然との一体感を味わえるサーフィン。

 

この、素晴らしいサーフィンですが
腰痛に悩まされているサーファーは多いです。

 

座った状態から腹ばいになり、腹ばいからサッと立ち上がり、
ライディング中は体を捻るという動作も入り、腰への負担が大きいスポーツといえます。

 

そんなサーフィンですが
腰痛を起こす場面は、実は海の中でだけではありません。

 

サーファーが腰痛を起こす場面をあげてみたので
あなたの腰痛対策の参考にしてくださいね。

 

サーフィンでの腰痛

■ サーフィン中に腰痛を起こす場面

 

テイクオフ時

パドリングで腰を反らした状態から一気にかがんで立ち上がって踏み込む。
この時に腰を痛める方は多いようです。

 

また、パーリングでひっくり返された時や
パーリングを耐えようとして痛める場合もありますね。

 

あとは、立ち上がろうとして付いた手を滑らせたときも腰を痛めやすい場面です。

 

ターンの時

リップに当ててボトムへ降りる時、またはボトムターンからリップへ上がる時など
踏ん張って捻るという動作でも腰痛を起こしやすくなります。

 

踏ん張ってる時というか踏ん張った後に痛みが出る方も多いようです。

 

波待ちの時

波待ちの際は、基本、座って待つこととなります。
この座ってることで腰痛が出る方も。

 

波待ちで腰痛が出る方は、陸上でも座っているときに腰痛が出る方に多いです。

 

それから、サーフィン初心者は波待ち中にひっくり返ることも多いので
その時に耐えようとして腰を痛める場合もあります。

 

波待ちでの腰痛

 

ドルフィンスルーの時

波が小さい時は多少タイミングがずれてもスッと抜けることができますが、波が大きくなるにつれ、タイミングがずれたり潜る深さが足らなかったりすると波のパワーを受け止めてしまいますので腰を痛める原因に。

 

 

■ サーフィン前後で腰痛を起こす場面

 

板を下ろそうとした時、載せようとした時

車の屋根に積んでいる板を下ろそうとした時や載せようとした時に腰を痛めることがあります。

 

波が良い時は慌ててしまう気持ちもわかりますが、慎重に行ってください。

 

 

ワックスを塗る時

ワックスは、しゃがんで太ももの上に板を載せて塗ったり車のトランクスペースで塗ったりすることが多いのです。

この時、しゃがんだ状態や中腰で手を伸ばして塗ると腰を痛める危険性が増します。

 

板をずらしたり、自分の体勢を直すなどして下さい。

 

板を洗うとき

くたくたになるまでサーフィンして疲れ切っている所で中腰になって板を洗う。
危険です。

 

しゃがむなりイスを使うなりして、対策をとって下さい。

 

ウエットスーツを脱ぐとき

実はウエットスーツを脱ぐときに腰を痛める方も少なくありません。

最後の最後、足を抜く時が一番多いようなので気をつけて下さいね。

 

■ サーフィンでの腰痛を起こさない対策

どの場面においても、「力まないこと」です。

無駄な力が入ることで腰痛へつながります。

踏ん張るのも、体の動きを制限してしまうのでよろしくありません。

 

自然の中に身をおくスポーツですので、自然との調和を大事にすればよろしいかと。

波に無理やり乗るのではなく、波に合わせて乗るという感じ。

自然と調和するには力みは一切不要です。

 

自分本位でガツガツしすぎたり、イライラしてると自然との調和どころか周りとの協調ともかけ離れてしまいます。

周りまで穏やかにするくらい穏やかな自分でいれば、いつでも楽しくサーフィン出来ますね。

 

 

■ まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
あなたも思いあたる行動はなかったでしょうか。

 

上記以外でも、日常生活においては腰痛を起こす場面は多々あります。

ケアを忘れず、素敵なサーフィンライフを楽しんで下さいね!

 

冷えのケアもお忘れなく。

 

推薦バナー

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加