車の運転で起こる腰痛とその対策

■ 車の運転で起こる腰痛とその対策

 

配送業
バス
タクシー
重機の運転など
運転することが職業となっている方から

営業マンのように、運転が職業ではないにせよ仕事柄よく運転をされる方までいらっしゃるかと思います。

 

そして、その大半の方が腰痛をお持ちのようです。

 

では、なぜ、車の運転で腰痛が出てくるのでしょうか?

 

運転での腰痛

■ 運転中の姿勢に問題あり。

 

短い距離の運転なら痛くないけど
中長距離になると痛みが出てくるという方が多いです。

 

これには車のシートが関与しています。
車のシートは背中側が少し低くなっているものが多いです。

 

シートの背中側が低いということにより
骨盤が後ろに転がり、腰の筋肉の余計に引き伸ばし腰が痛くなってきます。

 

それから、背もたれ。

 

車のシートに限らず、普通ののイスでも言えることなのですが
背もたれに寄りかかるのはよくありません。

 

つい、楽そうだから、
と思ってもたれてしまいがちですが、背もたれにもたれかかることで姿勢が悪くなり腰の負担を増やしてしまうことになってしまいます。

 

それから肘置き。

 

肘置きも楽なように感じますが、
使うことで体が傾き、ねじれ、姿勢を悪くするので腰痛につながります。

 

 

■ 運手中の腰痛を防ぐために

 

運転中の腰痛には姿勢が関与しているので姿勢を正しくしておくことが一番の対策になります。

 

そこで、簡単にできる腰痛対策をご紹介します。

 

1・座布団の使用

シートの背中側が低くなっているので高くなるようにします。

そうすることで骨盤の転がりを防止し、腰痛を防ぎます。

 

座布団を半分に折り、お尻の後ろ半分が乗るようにします。

座布団で、前後に高低差をつけるのです。

 

そうすると、前が低くなるので骨盤は垂直を保ちやすくなります。

 

座布団を入れても、背もたれにもたれかかってしまうと、骨盤は後ろに転がりますので背もたれに頼らないようにはしてくださいね。

 

座布団のほかにバスタオルなんかでも代用できます。

 

2・体を動かす

座布団をしたとしても長時間の運転は腰痛が出やすくなります。

 

同じ姿勢が続くことでの負担もありますし、そもそも、立っているときより座っているときのほうが腰の負担は大きいといわれています。

 

ですので、時々は休憩を入れて、軽く体を動かすことが大事です。

体を動かすことで血流を促し、疲労物質を流れやすくし腰痛を予防します。

 

また、体を動かすことでリフレッシュもするので気分的、精神的にもよいでしょう。

目も覚めます。

 

運転姿勢

■ まとめ

 

車の運転で起こる腰痛とその対策、いかがでしたでしょうか?
参考になりましたでしょうか?

 

車の運転で腰痛が出るという方は慢性的な腰痛をお持ちの方が多いです。

ですので、日頃からの腰痛ケアをしておくことも大事。

 

日々の腰痛ケアで、車の運転で起こる腰痛を減らすことも可能です。

 

腰痛ひどくなって仕事ができなくなるという事態を招かないためにもぜひ取り組んでみて下さい。

 

推薦バナー

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加