産後の腰痛を解消していく方法。

 ■ 産後の腰痛を解消していく方法。

 

産後の女性の悩みとして
腰痛、股関節痛、恥骨痛、オロ、尿漏れ、痔、抜け毛、産後うつなどがあげられます。

 

特に腰痛は多くの方が経験されているようです。

 

大事な赤ちゃんの成長、できれば腰痛なんか気にせず見守りたいですよね。

 

そんなあなたのために、産後の腰痛を解消していく方法をご紹介します。

 

産後の腰痛

 

産後に腰痛になるのは「バランスの崩れ」です

 

出産直後は体力も落ちていますし
ご自身が持つ自己回復力も十分に発揮できない状態となっています。

そして授乳や育児、家事もしないといけないとなると、ほとんど体を休める暇がありません。

 

妊娠、出産により骨盤周囲の筋肉はゆるみ、バランスを崩しやすく、骨盤はゆがみを持っていることが多いです。

 

元々スポーツをされていた方などは筋肉が鍛えられているので骨盤が元の位置に戻る回復も早いのですが、普段何もされていない方だと、骨盤の戻りが遅れ、腰痛の原因になったりします。

 

また、授乳や抱っこ、身体の使い方によるバランスの崩れ、夜中に授乳など睡眠バランスの崩れや育児への不安などからの精神的なバランスの崩れも考えられます。

 

■ 産後の腰痛を解消していく方法

 

  • 温める
  • 栄養と水分
  • 睡眠
  • 軽い運動

 

温める

産後の腰痛がある場合は温めて下さい。

温めができないようでしたら、最低、冷やさないようにして下さい。

冷えは筋肉を緊張させ身体の不調を作り出します。

 

腰の冷えだけでなく、足の冷えにもご注意下さいね。

 

冷たい物の摂りすぎも冷えを作る原因になります。

 

栄養と水分

授乳により母体は通常よりもエネルギーを使います。
腰痛が起きても、腰痛を改善させるだけのエネルギーが足りなくなっているということも考えられます。

 

バランスのいい食事を心がけ母子ともに健やかにいきましょう。

 

ただし、栄養の摂り過ぎは産後太りにもなりますので注意して下さいね。

水分もしっかり取るようにして下さい。

 

軽い運動

出産直後は運動は控えてください。

 

産後1ヶ月くらいは軽めの運動。

 

産後1ヶ月~1ヶ月半たてばエクササイズを入れていっていいと思いますが個人差がありますので、お医者さんのOK出てからが無難でしょうね。

 

身体を動かすことで筋肉のバランスを取り戻したり血行を促し疲労回復にもつながります。

 

子育てで運動してる暇なんかない!という方も多いと思いますが
家事しながら、赤ちゃんの世話しながらの「ながら運動」でもいいので取り入れてみて下さい。

 

睡眠

睡眠をついおろそかにしてしまいがちになりますがとっても重要です。

産後の腰痛を回復させるうえで一番重要かもしれません。

 

身体の回復は、睡眠の時に最も盛んに行われます。

 

赤ちゃんの夜泣き、授乳などで睡眠がしっかりとれないということもあると思いますが、寝れるときにはしっかり寝るということを行ってください。

 

そのためには、短時間でも回復が起こるよう、睡眠の質を上げることが大切。

 

寝る時に足を少し高くしたり足の間にクッションを挟んだり

ちょっとした工夫を入れることで睡眠の質を上げることができます。

 

睡眠をしっかりとって腰痛も解消していきましょう。

産後腰痛

■ まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
産後の腰痛を解消していけそうですか?

 

これらをやっていくには、やはりご家族の協力もあったほうがいいです。

1人で抱え込まず、友人やお医者さんにも相談してみてくださいね。

 

また、整体などを受けるのも腰痛解消への一つの方法です。
バキバキしない、優しい整体も最近はたくさんあります。

 

ガマンすると腰痛は悪化してしまうかも。

そうなると育児もさらにつらくなってしまいます。

あなたの腰痛がなくなり、育児を快適に行えることを願っております。

 

妊婦腰痛・産後骨盤矯正について詳しくはこちら

妊婦腰痛・産後骨盤矯正

妊婦腰痛・産後骨盤矯正に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加