洗顔や前かがみでの腰痛の原因と対策

■ 洗顔や前かがみでの腰痛の原因と対策

 

あなたは次のような悩みをお持ちではないですか?

 

  • 顔を洗うとき腰が曲げれないので片手は膝について片手で洗顔している。
  • 靴下をはくとき腰が痛くて、座って履くのがやっと。
  • 下のものを拾うときに腰が痛くて大変。

 

ぎっくり腰などの急性腰痛の場合によくみられますが、慢性化してしまい毎日のように苦痛を感じてらっしゃる方もいます。

 

このような、前かがみでの腰痛はなぜ起こるのでしょうか?

ここでは、前かがみでの腰痛の原因と対策をご紹介していきます。

 

前かがみでの腰痛

 

■ 背中・腰・お尻の張りが原因

 

前かがみでの腰痛がある方は
体の後面である背中からお尻の全部または一部が固くなっています。

 

筋肉が必要以上に緊張してしまっているのです。

 

デスクワークをされている方で背中が丸くなる(姿勢が悪くなる)と背中側の筋肉が常に引っ張られるので痛みとなりやすいです。

 

同じ姿勢が続いたりすると、やはり腰の負担は大きくなります。

 

 

■ 太ももやふくらはぎが原因にもなる

 

腰痛なので腰周囲のみに意識が行きがちですが
太ももやふくらはぎの筋肉の緊張が前かがみでの腰痛を引き起こしている場合もあります。

 

身体を前に倒した時に、腰よりも先に太もも・ふくらはぎに張りを感じる方は要注意です。

 

中腰や前かがみでの作業が多い方によくみられます。

 

 

■ 筋肉の緊張を解くことが最大の対策

 

背中~ふくらはぎの筋肉に必要以上の緊張があり腰痛となっていますので、必要以上の緊張を取り除いてあげなければいけません。

 

一番大きな要因は疲労の蓄積です。

 

過労
不良姿勢
睡眠不足
栄養不良

 

などにより疲労は溜まりやすくなります。

 

ほかに、筋肉を緊張させる要因として

冷え
ストレス

があります。

 

自分ではそうは思わない、気付いていないという場合でも腰痛が出ている、または出るということは

身体から「そろそろ限界ですよ、休んで下さい」のサインが出ているという事なんです。

 

生活スタイル、生活習慣を一度見直すことで腰痛は快方へ向かいます。

 

腰痛改善

 

■ 洗顔時の腰痛対策

 

洗顔での対策も基本的には上記の生活スタイルの見直しは必要です。

 

具体策も挙げておきますので、生活スタイルの見直しと併せて取り入れてみて下さい。

どちらか自分に合う方でやってみて下さいね。

 

足を前後して立つ

洗面台と平行に足をそろえて立つと、腰の負担が大きくなります。
どちらか片方の足を後ろに引いて立つようにして下さい。

立ち心地がいい方、または違和感が少ない方で立って下さいね。

 

身体は斜め向きになりますが腰の負担は減らせます。

 

片足を台に載せる

10~20cm位の高さの踏み台を用意して、片足をのせます。

そうすることで腰の負担をへらすので洗顔がしやすくなります。

 

踏み台は、古雑誌を紐でくくって作ってもOKです。
まずは試してみることが大事なので古雑誌で試してみて下さい。

 

■ まとめ

 

洗顔や前かがみでの腰痛は、ほとんどが筋肉性のものです。

筋肉は緊張することで痛みを誘発しやすくなります。

 

緊張は疲労やストレス、冷えなどから起こります。

筋肉の余分な緊張をなくし、柔軟性を保つ事で洗顔や前かがみでの腰痛は軽減されていきます。

 

十分な休息と栄養バランス
体の使い方、姿勢
生活習慣の見直しなど出来る部分からやってみて下さいね。

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加