立ち上がる時の腰痛の簡単な対処法

■ 立ち上がる時の腰痛の簡単な対処法

 

デスクワークや食事などでしばらく椅子へ腰かけていて、
立ち上がろうとした時に
「ウッ!」

 

立ち上がりに腰痛

 

そんな腰痛に悩まされたことはありませんか?

 

腰痛をお持ちの方に多い訴えの一つが、立ち上がる時の痛みです。

 

ここでは、立ち上がる時の腰痛について原因と対処法をまとめてみました。

あなたの腰痛改善のお役にたてれば幸いです。

 

 

■ 立ち上がる時の腰痛の原因は筋肉にあります

 

前かがみで腰が痛くなるのか後に反らした方が腰が痛くなるのかにより違いはありますが、痛みを出しているのはどちらも筋肉です。

前かがみで痛みがある場合は体の後面にある脊柱起立筋または広背筋という筋肉の縮こまりが考えられます。

 

後に反らした方が痛い場合は、腰からお腹側を通って股関節についている大腰筋という筋肉の縮こまりが考えられます。

痛んでいる筋肉によっても立ち上がり方は変わるのですが今回は、もっとも多いパターンでの立ち上がり方を紹介していきます。

 

腰痛

 

■ 立ち上がる時の動きを理解する

 

普段、立ち上がるという動作を意識して行うことってまぁないですよね。

 

立ち上がるという一連の動作を分けると

①身体を少し前に倒して
②立ち上がる

という二つの工程に分けることができます。

 

①のときに頭を前に出しすぎたり、背中~腰が丸くなったままだと
腰に大きな負担がかかり腰痛を出しやすくしてしまいます。

 

 

■ 理想的な立ち上がり方は骨盤を立てた状態

 

座ったまま腰に手を当ててみて下さい。

手をあてる位置は骨盤の骨があたるとこでいいです。

 

手をあてて、背筋を軽く伸ばして姿勢を正してみて下さい。

ポイントは、伸ばしすぎないこと。

 

普段、猫背で腰が丸くなっている方は、この時点ですでに腰が楽な感じを実感でることでしょう。

 

座ると骨盤は後ろに回転するのですが、腰が丸くなっている場合、さらに後ろ回転となります。

 

姿勢を正すことにより後ろ回転をなくしまっすぐに立てた状態を作ります。

骨盤をまっすぐに立てた状態で身体を少し前に倒し立ち上がると楽に立ち上がることが出来るのです。

 

①の前に骨盤を立ててから
①、②の動作を行う。

 

これが腰痛を起こしにくい理想的な立ち方となります。

 

 

■ 足を前後にずらしておく

立ち上がる際に、少しだけ足を前後にずらしておくと、立ち上がりが楽になる場合があります。

さきほどの、骨盤を立てた状態を作ってから行ってみてください。

 

 

■ 力むと余計に立ちにくくなる

腰痛があると、痛みをかばってたちあがろうとして無駄な力みが入り、それで余計に痛くなったり立ち上がりにくくなったりします。

 

痛みがないときに試してもらうとわかりますが、ガチガチに力んで立つと余計にしんどいです。

 

ですので、本来は、力みなく、無駄な力をぬいて立つのが最も楽な立ち方です。

 

 

■ まとめ

 

立ちあがる時の腰痛の簡単な対処法、いかがでしたでしょうか?

楽に立ち上がれましたか?

 

腰痛の出方によっては、背筋を伸ばすだけで痛いという場合もありますので、その際は、物につかまって立つなどもしてみて下さい。

 

楽に立ちあがれたとしても、これはあくまでも対処法。

腰痛そのものに対するケアは必要ですので

冷やさない
ストレスを溜めこまない
睡眠をしっかりとる
体の使い方を気を付ける
栄養をバランスよくとる

など、日常生活の中から腰痛対策は行ってくださいね。

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加