内臓から腰痛へ?内臓と腰の関係

■ 内臓から腰痛へ?内臓と腰の関係

 

最近、腰が痛い。
そしてどんどん痛みが強くなっている。
しかし、特に思い当たる原因もない。

 

これってどこが原因で腰痛起こってるの?
とお悩みの方。

 

もしかしたら内臓の不調が原因での腰痛かもしれません。

 

内臓の不調が引き起こす腰痛についてまとめてみました。

 

内臓と腰痛の関係

 

■ 内臓の不調が腰痛へつながる理由

 

胃・大腸・小腸・腎臓・肝臓・子宮などの不調で、腰痛が出る場合があります。

 

これは、内臓が不調になることで、臓器そのものが固くなり血行不良をおこしたり、その内臓周囲の筋肉に緊張がおこり腰へ響いたり、内臓の病巣が腰に近いために腰へ影響を与えていたり、痛みの信号が回線パニックを起こし腰痛としてあらわれていたりします。

 

軽く見られがちですが便秘でも腰痛を起こす場合もあります。

 

便秘の場合、腸の圧迫により周辺の血行不良をまねき、それにより疲労物質もたまりやすくなり筋肉が緊張してきて腰痛を誘発してしまうのです。

 

 

■ 内臓系の病気で腰痛を起こすもの

 

腰痛の原因ともなる病気として

 

消化器系

胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、肝臓がん、肝硬変、胆のう炎、胆石症、膵炎、膵臓がん、大腸がん

 

泌尿器系

尿路結石、腎炎、水腎症、腎盂腎炎

 

婦人科系

子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、卵巣炎、月経前症候群、月経困難症

 

血管系

腹部大動脈瘤

 

脊椎(背骨)系

脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、脊椎カリエス、

 

などがあげられます。

 

 

■ 内臓からくる腰痛の特徴

 

  • 常時痛みがあり、楽な体勢がない。
  • 腹痛や吐き気、だるさ、発熱、悪寒などを伴う
  • 排尿で痛みがあったり、血尿が出る
  • 排尿で痛みがあったり、血尿が出る
  • 食事による痛みの増減がある
  • 生理に関連して痛みの増大がある

 

これらが全てあてはまるわけではありませんが、原因が分らない腰痛でこのような症状がある場合は
専門の医療機関(内科、泌尿器科、婦人科など)で検査を受けて下さい。

 

 

■ 予防方法

 

内臓からの腰痛を予防するためには

内臓を元気にしておく
内臓に疲労を蓄積させない

ということが重要です。

 

そのためには

  • 体を冷やさない
  • 暴飲暴食をしない
  • 甘いものをとりすぎない
  • 油っこいものを摂り過ぎない
  • アルコールを摂り過ぎない
  • ストレスを溜めこまない
  • 睡眠をしっかりとる
  • リフレッシュする
  • 適度な運動

など、生活習慣の見直しが最大の予防となります。

リフレッシュ

 

■ まとめ

 

内臓からの腰痛が起ってしまったら、内臓は相当疲れているということが言えます。

 

症状が出てから対処するよりも
症状を出さない生活を送る方が身体にとっていいことは言うまでもありません。

 

普段から、自分の身体は自分で守るよう心がけ体に負担をかけない生活習慣で過ごして下さいね。

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加