腰痛の原因が首に!?腰と首の関係

■ 腰痛の原因が首に!?腰と首の関係

 

あなたは、次のような腰痛でお悩みではありませんか?

 

  • 長年の腰痛
  • 病院でレントゲンやMRIの検査を受けたけど原因不明の腰痛
  • マッサージでその時だけ楽な気がするが改善しない腰痛

あなたの腰痛がなかなか改善しない理由とは?

あなたの腰痛の原因は何なのか?

 

について、
今回は腰と首との関係をメインにまとめてみました。

 

首と腰痛の関係

 

■ 腰痛の原因は腰以外にあることの方が多い

 

重たい荷物を抱えた場合
急に動いた場合
強力な外力に見舞われた場合

 

など、腰の筋肉に急激な負荷がかかると、腰痛を起こしてしまうのは想像がつくと思います。

 

しかし、
イスから立ち上がっただけ、とか
朝起きたら、とか
ずっと座っていて、とか

 

原因がはっきりしないまま出てくる腰痛もあります。

 

この、原因がはっきりしないまま出てくる腰痛なんですが

実は、全腰痛の85%が原因不明の腰痛と言われています。

 

検査しても原因が分らないんです。

 

病院での検査では腰にフォーカスした検査が行われます。

腰が痛くて病院行ってますから当然と言えば当然です。

 

しかし、腰のみの検査しか行われません。

 

そこが、原因不明で終わらされる要因になっていると考えられます。

腰以外の部分や、身体の全体像を把握することで、腰痛の原因がみえてくるのです。

 

そこには、生活習慣だったり
身体の使い方だったり
日常生活が大きく関与していることが多いです。

 

 

■ 腰と首の関係

 

身体の中心を背骨(椎骨)が通っていまして、その背骨には筋肉がくっついています。

 

腰と首は離れていますが、
腰と首とで直接繋がっている筋肉もありますし、間接的にも筋肉を介してつながっています。

脊柱起立筋

背中側の筋肉

 

■ 腰痛の原因が首の不調からくる理由

 

上の図で見て頂くとわかるように首と腰は筋肉によりつながっています。

だから、首の動きが悪くなったり首に不調があると筋肉を介して腰にも影響が出てくるのです。

 

立ってる状態で背骨を横から見た場合、通常、軽いS字状となっています。

お腹側        背中側

 

ストレートネック(首の骨の生理的前弯が少ない状態)の人に腰痛が多いのも、筋肉が関与しているからです。

ストレートネック自体も筋肉の緊張によりもたらされていますので、無理やり骨の並びだけを矯正しても周囲の筋肉が緊張したままだとストレートに戻ります。

 

さらに、無理やりの矯正で緊張が強くなり痛みを誘発することも考えられます。

周囲の筋肉の緊張をゆるめることが重要です。

 

逆もしかり。

腰の筋肉の緊張が首に影響することも多々あります。

むち打ちなどの、痛みがしつこくなかなか改善しない場合、腰の調整で首の動きが楽になったりします。

 

このように、腰と首はお互いに影響しあうので、首の不調が腰痛としてあらわれることがあるのです。

 

 

■ まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

腰痛の原因が首かもしれない理由がご理解いただけたでしょうか?

 

今回、首で説明しましたが、極端に言いますと筋肉を介せば、全身つながります。

ですので、首以外でも手首や足首の影響も腰痛には関与してくるのです。

つまり、体は部分的ではなく全体像の把握が必要という事です。

 

過去のケガや日常生活、生活習慣が腰痛の原因となるのはそのためです。

腰痛がなかなか改善しないという方、あなたの腰痛も、首などの腰以外の部分が原因かもしれませんよ。

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加