交通事故にあってしまったら

交通事故のケガやむち打ちでお困りではないですか?

■ 交通事故・むち打ちのことなら専門家にお任せ下さい。

 

交通事故にあってしまった場合、

まず、落ち着いてください。

慌てず、深呼吸をして下さい。

 

速やかに運転を停止し、
加害者・被害者を問わず、ケガ人がいる場合は速やかに救護して下さい。

さらなる被害を防ぐ為にもケガ人が軽傷なら安全な場所へ避難してもらい、重傷なら動かさず救急車を要請して下さい。

 

それから

①警察へ連絡をして下さい。

②相手の確認を必ず行って下さい。

名前、連絡先、車のナンバー、相手車両の保険会社、担当者、連絡先、勤務中の相手なら勤務先情報も。

③目撃者がいるときは、証人になってもらえるよう頼んでおくといいです。

④記録しておく。

事故直後の記憶が鮮やかなうちに経過をメモしたり、
車両の損傷、ブレーキ痕などを携帯やデジカメで写真に残しておくと良いです。

⑤病院へ行って下さい。

たいしたことないと思っても、後で痛みが出たりすることがあります。
日数がたってからの受診では事故との因果関係が認められない場合があります。
異常を感じたら早めに行き、診断書をもらって下さい。

⑥診断書を警察へ提出。

届出をしないと人身事故扱いになりません。

物損事故の場合は必要ありません。

⑦相手側保険会社さんへ連絡。

おがわ整骨院で治療を受ける旨をお伝え下さい。

⑧おがわ整骨院へ来院。

その際、相手側保険会社、担当者さんの連絡先が分かるものをご持参下さい。

 

以上のような流れとなります。

どうしたらいいかわからない!
など、お困りの際はお気軽におがわ整骨院へご相談ください。

 

交通事故専門サイトはこちら↓をクリック
http://www.wakayama-muchiuchi.com/

交通事故後の痛み、むち打ちでお困りなら

交通事故によるケガやむちうちは、症状が軽度でも事故治療は必要ないと自己判断を下すのは危険です。

とくにむちうちは事故後に症状があらわれることが多く、放置すると頭痛や肩こり、めまいなどの症状を引き起こす可能性があります。

交通事故後は慌てず適切な対応を行い、体に痛みがなくても速やかに病院で診察を受けることが大切です。

和歌山県和歌山市にある当院は交通事故後のむちうちなどに対応している整骨院です。交通事故後のむちうちや痛みでお困りなら、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加