腰を反らすと痛い、前に曲げると和らぐ腰痛

■ 腰を反らすと痛い、前に曲げると和らぐ腰痛

 

腰痛の出方にも様々ありますが
背筋を伸ばしたり腰を反らすと痛みが出て、背中を丸めたり前に曲げることで和らぐ腰痛があります。

 

このような腰痛の場合
病院へ行ったら、脊柱管狭窄症やすべり症と言われたという方が多いです。

 

脊柱管狭窄症でもすべり症でもそれ以外の場合でも、改善策は必ずあります。

 

腰を反らすと痛くて困っている方のお役に立てるようまとめてみました。

反ると痛い腰

 

■ 腰痛の原因は「緊張」

 

日本整形外科学会と日本腰痛学会がまとめたガイドラインによると

「腰痛の発症や慢性化には心理的なストレスが関与しており、画像検査などでも原因が特定できない腰痛が大半を占める」

とされています。

 

その原因が特定できない腰痛の割合は、なんと85%にも上るそうです。

つまり85%は心理的ストレスが関与していると。

 

心理的ストレスがかかると、体は緊張状態となります。

自覚は無くてもかならず、必要以上の緊張が体に起こっています。

この緊張が、腰痛を招く要因となるのです。

 

 

■ 反らすと痛くて前に曲げると和らぐ理由

 

痛みが腰に出ているとどうしても腰ばかりに気が行ってしまいますが、腰だけに筋肉の緊張があるとは限りません。

 

ここで、少しだけ考えてみましょう。

実際に身体を動かしてもらうと分りやすいです。

 

体を反らした時に引っ張られる筋肉はどこでしょうか?

 

体を前に曲げた時に緩まる筋肉はどこでしょうか?

 

わかります?

 

 

そう、腹筋やお腹側の筋肉です。

反らすと痛く、前に曲げると和らぐ腰痛には必ずと言っていいほどお腹側の筋肉が関与しているのです。

 

特に、大腰筋という筋肉。

 

大腰筋がストレスなどの緊張により固くなり、柔軟性がなくなるので腰痛を引き起こしてしまいます。

 

画像などで狭窄やすべりが見つかれば脊柱管狭窄症やすべり症と言わますし、画像で異常がなければ原因不明といわれることになりますが、根本的には筋肉の緊張によるものです。

 

大腰筋

 

■ 腰痛をなくすためには緊張をなくすこと

 

腰痛の原因が心理的ストレスでの緊張であるわけですから
心理的ストレスをなくし余計な緊張がなくなれば、必然的に腰痛はなくなります。

 

そのためには

・日常での身体の使い方
・十分な睡眠
・栄養バランス
・適度な運動
・リフレッシュ
・冷やさない(体もお腹も)

などの生活習慣が大事になってきます。

 

腰痛でお悩みでしたら、生活習慣を見直す機会であると思ってください。

 

もちろん、心配性や、イライラ不安なども心理的ストレスですので腰痛の引き金になります。

まだ起こっていない未来の心配をするより今、全力で何かに取り組んでみてはいかがでしょうか?

心と身体、両方が元気で初めて健康と言えます。

 

腰痛改善

大腰筋のストレッチ方はこちらからどうぞ。

■ 腰を伸ばすと痛い、まっすぐに立てない腰痛の解消法

 

 

■ まとめ

 

心を整えるには、まず、脱力・リラックスすることです。

会社でのストレス
家庭でのストレス
育児でのストレス

などなど、ストレスの種類も様々。

現代社会では常に何らかのストレスがかかっていると言っても過言ではありませんね。

 

しかし、心を緩めておくことで体も緩み無理のない身体の使い方や自然な動きができるようになります。

 

腰を反らすと痛い、前に曲げると和らぐ腰痛でお困りの方は、まずは自分の生活習慣を見直すところから始めてみて下さい。

 

その上で、各種ストレッチや健康法を行うとよいでしょう。

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加