自動車保険の基礎知識

自動車保険の知っておきたい基礎知識

 

こんにちは!
交通事故むち打ち治療院・おがわ整骨院の木村です。

 

交通事故にあったときや、起こした時に必要となってくるのが「賠償」という責任。

賠償をまかなってくれるのが、自動車保険となります。

 

今回は、いざというときに困らないための
「自動車保険の知っておきたい基礎知識」
を皆様にご紹介します。

交通事故

■ 任意保険って必要?

 

マイカーを購入する時は、自賠責保険の加入が全車義務付けられています。

では
任意の自動車保険は必要??
任意っていうくらいだから別になくてもいいのでは??

と思っている方もいらっしゃるかと。

 

 

ズバリ。。。

必要です!!

 

万が一、他人を死傷させた場合、自賠責保険の支払い上限額は死亡で3000万円、
障害で4000万円~75万円(障害の等級による)と決められています。

 

しかし、それだけでは不十分な場合があります。

 

実際に、重度の障害を負った被害者に対して、4億円を超える賠償を認めた判決も出ています。

 

それに、自賠責保険は、車や物の損害賠償は対象外となっているので、その部分のカバーが必要となってきます。

ですので、任意保険は必要となるわけです。

 

損害賠償

■ 任意保険の種類

任意の自動車保険商品は保険会社によって名称や、特約の種類も違うので、どれがいいのか迷ってしまうところですよね(汗)

でも、どれも基本的に次の4種類から成り立っているんです。

 

①相手を死傷させた場合に出る「対人賠償保険」
②相手の車や物が壊れたときの「対物賠償保険」
③自分や家族、同乗者が死傷したときのための「傷害保険」
④自分の車が壊れたり、盗まれたときのための「車両保険」

 

① ②は「相手への賠償」で、③と④は「自分への保障」となります。

つまり、万一のとき相手に十分な賠償をするために、①と②の「対人」「対物」賠償保険を最優先に考えなければなりません。

 

「対人賠償保険」の賠償額は、先ほどもお伝えした通り4億円を超える賠償の判決も出ていますので“無制限“にしておいた方がいいかと思われます。

「対物賠償保険」の賠償額も、億を超えることも少なくないから、こちらも‶無制限”にしておけば安心ですね。

 

③の傷害保険も、自分や同乗者を守るためには入っておきたいものです。
相手が無保険車(自賠責未加入)だった場合などに適応となるものもあります。

 

自賠責未加入とか居るの?

と思われがちですが、意外といるのでご注意を。

自賠責にすら入ってないということはもちろん任意保険も未加入と考えられます。

 

③と④に関しては自分にとって必要なものを、納得して選ぶといいですね。

 

 

■ 知らないと損する?!自動車保険

ご自分が加入されている保険に、補償が受けられるものがあるかどうか、確認・認識しておくと、いざというときに役立ちます。

交通事故

搭乗者傷害保険

契約自動車の運転中に、運転している方、ご同乗の方がケガをした場合などに、決められた損害額を補償してくれる保険です。

ここがポイント!
• 交通事故による運転者、同乗者のケガや死亡、後遺障害を補償。
• 単独での事故や、過失割合が100%の事故の場合でも補償。

 

人身傷害保険

自動車事故により、ケガや死亡した場合の損害額を過失割合に関係なく、決められた損害額の全額を補償してくれます。
保険によっては、歩行中の交通事故やほかの自動車に乗っている場合の事故まで補償されるものもあります。

ここがポイント!

• 交通事故でケガや死亡した場合の損害額を補償。
• 交通事故相手に支払い能力がない場合も補償。
• 単独での交通事故の場合も補償される保険がある。

 

無保険車傷害保険

契約自動車の事故で搭乗者がケガ(後遺障害が残る場合に限る)や死亡をした場合、相手が任意保険に加入していない、または、加入はしているが十分な賠償が受けられない場合に補償してくれる保険です。

ここがポイント!

• 保険に加入していない相手との事故により搭乗者がケガや死亡した場合を補償。
• 相手の保険では損害賠償額に足りない場合、不足分を補償。
• 当て逃げなど、相手が不明の場合にも補償される。

 

弁護士費用補償特約

自動車事故で、相手との交渉を弁護士さんに依頼した場合に、交渉・訴訟・調停・仲裁のための費用を補償します。

ケース1
追突された事故など、ご自身に過失がなく明らかに相手の過失の方が大きいのに、損害賠償請求や示談交渉に応じてくれない場合。
(尚、過失割合に大きな争いがある場合も可能です)

ケース2
子どもが通学途中に自動車との接触でケガをした際に、相手方が損害賠償請求や示談交渉に応じてくれない場合。

 

いずれも、任意保険商品は保険会社によって保険内容が若干違うことが多いので、ご確認下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加