交通事故を起こす原因と対策

こんにちは!
交通事故むち打ち治療院・おがわ整骨院の木村です。

 

交通事故を起こしやすい状況として
脇見運転、居眠り運転、一時不停止等が原因となり
交通事故につながるパターンが多くみられます。

交通事故

主な交通事故の原因

・運転中の携帯電話の使用やカーナビの操作は交通事故の原因となる脇見運転に繋がります。

 

・睡眠不足などによる体調不良や風邪薬等を飲んで運転する事は、当然集中力もなくなり、催眠効果などから居眠り運転につながります。
一瞬の居眠りが何十メートルも進んでしまうことからその間に交通事故を引き起こしやすくなります。

 

・時間に余裕がないと、スピードの出しすぎ、一旦停止違反や信号無視などが多くなり、その結果交通事故を起こす可能性も高くなります。
日頃から気持ちに余裕を持った運転を心がける必要があります。

 

・運転する際は、体調を万全にし、時間的・精神的に余裕を持って運転することが大事です。

 

 

交通事故を起こしやすい時間帯

交通事故を起こしやすい時間帯としては、日没前後の薄暗い時間帯が多くなっています。

薄暗いと歩行者や車がみえにくくなるのと、帰宅のラッシュ時間と重なり、交通量が増えることも
交通事故の大きな原因となります。

 

そして、早めのライト点灯が交通事故防止につながります。

あまり知られていない時間帯が早朝で、車が少なくなった時間帯では、スピードの出しすぎから起こる交通事故があります。

 

交通事故を起こしやすい場所としては、信号機のない交差点や見通しの悪いところでは、必ず一旦停止・徐行運転を心がけましょう。

 

交差点

特にお年寄りや子供の飛び出しや、横断歩道で無いところの横断なども考えられますので、団地内とかでは、速度の出しすぎに注意が必要です。

 

自動車事故は車を運転している限りどこでも起こしてしまう可能性があります。

ちょっとした気の緩みが事故につながり、あなたと相手の一生を台無しにしてしまいますので、車に乗る際は安全運転に心がけ、お互いに思いやりを持って、譲り合いの精神で事故防止に努めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加