肩こりの原因・解消法

■ 肩が凝る原因・症状

 

仕事、家事、育児、ストレス、運動不足、体の歪み、冷え

 

あてはまるものはありますか?

 

こんにちは。

和歌山市の無痛整体「おがわ整骨院」の木村です。

 

 

仕事や、子育てに、疲労が肩にドスン。。。岩を乗せているような重みがある

毎日、その重みに耐えながらの生活はツラいですよね

スマホの画面の見過ぎ、猫背が原因での肩こりも多いです

酷いときは、吐き気、頭痛、不眠、イライラなども

 

あと、痩せている人は猫背が多かったり、足を頻繁に組んだりもします。

これも体系を維持できない症状が原因です。

 

さらに肩が凝る、張る、電気が走るような痛みまで出てくるのが、痩せすぎに多い肩こりです。

 

肩こりは、思い頭を支えるために、うなじや肩の筋肉が常に緊張した状態になることです。

単純に支えるだけの筋肉と脂肪が足りていない重圧過多のため、肩こりが起きている

可能性もあります。

 

 

 

肩こり

■肩が凝らないという人もいますが、肩こりと自覚していない人もいる?

 

 

●自覚症状がない「隠れ肩こり」

でも、症状が表れていないわけではありません。

気づかないその理由には、いくつかのタイプがあるようです。

 

◎肩に違和感があるものの、それが「肩こり」であると気づいていない

◎忙しすぎて、自分の体に注意がいかず、肩の違和感にも気づかない

◎肩よりもほかに不調を感じる箇所があり、肩の痛みに気づかない

 

違和感を気にせず、我慢を我慢と思わず、放っておくことで、その状態に慣れてしまい、

肩が凝った状態を、普通の状態として気に留めなくなっているケースも多いのです。

 

肩こりで頭痛や吐き気がする場合は、眼精疲労、前かがみでパソコンやスマホを

見たりしているのが、原因にもなります。

パソコン作業をする場合は、椅子に深めに座り、腰を立てて、足が床についているか、

太ももが床と平行か、目線の高さはほぼ真っ直ぐか、肘がしっかり曲がっているかを

意識しながら作業してみてください。

 

どうにか、少しでも楽になる方法がないか?整体や整骨院などになかなか通えず、

我慢している人も多いのでは?

 

 

■肩こりは女性に多い?

 

 

●女性に肩こりが多いのは筋肉に原因あり

男性より女性に肩こりが多いのは、首や肩の筋肉が少ないことが一つの原因だと

言われています

 

 

●女性特有の冷えによる血行不良

女性に肩こりが多い大きな理由として、冷えによる血行不良も挙げられます

胸の開いた格好を良くすることが多く、首回りが冷えやすいのです。

 

 

 

 

肩こり女性

 

そこで、私が実践した冷え症からくる、肩こり対策・ストレッチをご紹介しますね。

 

 

●冷えからくる肩こり解消法

毎晩欠かさず、やっっているのが半身浴です

お湯を胸の辺りまでにし、20分~30分浸かるだけです

そうすると、じんわりと汗が出てきます

 

これを毎日することで、基礎代謝がよくなり、ダイエット中の方も体が痩せやすくなったり、

冷え症も改善されました。

 

半身浴をするときは、上半身が濡れていない状態でしましょう。

濡れていると、冷えてしまい逆効果だからです。

タオルなどで水分を拭き取ってからおこないましょう。

 

半身浴後、寝る前にストレッチをすると、さらに体が温もり睡眠もよくなります。

毎日続けていくと、肩こりも楽になりました。

 

あと、どこでも簡単にできる、両腕を前後に回すと冷えからの筋肉の緊張もほぐれ、

肩の凝りが緩和されます。

 

 

●どこでもできるストレッチ

両腕を上に突き上げます

その状態から肩をゆっくり下げます

下げた状態で10秒ほどキープします

10セットほどおこなうと効果的です

 

 

●鎖骨マッサージ

鎖骨の下にあるくぼみを押さえて、肩を上下させたりくるくると回したりすることで、

胸部一帯にある筋膜がほぐれて肩がスッキリします。

 

ストレスで自律神経が乱れると首、肩が凝ったり痛みがでたりすることもあります。

ストレスを上手に解消して溜めないようにしましょう。

 

ウォーキングなど全身を使った運動で、血行をよくするのもおススメです。

あと、歩くときに正しい姿勢を意識しながら歩きましょう。

 

 

 

■まとめ

肩こりの原因、解消法いかがでしたでしょうか?

肩こりは首、肩の筋肉が少ない女性の方が多い、女性特有の冷えなど、

肩こりの原因になっている

解消法として、半身浴や、運動で血行をよくする、ストレッチで筋肉の緊張をほぐす!

なかなか整体・整骨院に通えない人でも、自宅や職場でできるのでおススメです。

パソコンも正しい姿勢で作業する

自分の趣味や、好きなことをし、上手にストレス解消していきましょう

 

上記のことを取り入れ肩こりに悩まされないライフスタイルをおくりたいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加