交通事故治療でのよくある質問

交通事故治療に関する質問をまとめてみました。

 

事故に遭ったらまず何をしたらいい?

慌てず、落ち着いてください。
詳細はこちらからどうぞ。

「交通事故にあってしまったら」

 

人身事故発生から解決までの流れ

まずは治療に専念して下さい。
治療してケガやむち打ちが治った場合はその時点で示談交渉となります。

また、なかなか治らずに事故による痛みが残った場合は、後遺障害等級の認定を受けることになり、その結果を前提に示談交渉することになります。

事故による痛みの認定結果に不満があれば、異議申し立てをすることもできます。

 

治療費はどうなりますか?

交通事故治療の場合、自賠責保険より治療費が出ますので、原則的には患者さんの負担はありません。

一時負担してもらわないといけない場合など特殊なケースもありますので、ご相談下さい。

 

どんな治療ですか?

交通事故によるむち打ちや腰痛は、一般的なケガよりも発生のメカニズムが特殊です。
痛みなどが長引かないよう、手技での筋肉へのアプローチを主に、その時その時に最善な治療を行っていきます。

 

治るまでの期間はどれくらいかかりますか?

患者さんの状態の度合い、治療のペース、患者さんの生活スタイルなど様々なので一概には申し上げられませんが、だいたい3ヶ月を目安に治療をすすめます。
場合によっては6ヶ月以上かかるかたもいらっしゃいます。

当院では事故による痛みが残らないよう最善を尽くします。

 

来院時に何か必要ですか?

保険会社さんに連絡前のご来院の際は保険会社の担当者さんの連絡先がわかるものをご持参ください。

来院前に保険会社さんへおがわ整骨院で交通事故の治療を受ける旨をお伝え頂けていれば何もいりません。

整骨院で交通事故治療

慰謝料について

治療が終了し、示談の際に慰謝料が決まります。
慰謝料は通院日数に応じて支払われます。

自賠責の支払い基準の定めでは
①1日に付き¥4200
②A:治療期間の総日数
B:実治療日数(実際に治療に通った日数)の2倍した日数
AかBどちらか少ない日数に¥4200を掛けて計算されます。

忙しいからと通院しないでいると、症状の改善が遅くなるのも当然ですが慰謝料も少なくなります。

治療すべき時に、忙しさを理由に治療を怠ってしまうと、残りの人生をずっとむち打ちと付き合っていくこととなってしまいますので、しっかり治療をうけ、体を良くしていく事を最優先しましょう。

 

保険会社さんとのやりとり

当院のほうで保険会社さんへ経過の報告等させて頂きます。

その他わからないことなども、アドバイスさせて頂きますので安心して治療に専念してください。

 

保険会社さんから整骨院ではなく病院で治療するよう言われましたが…

どこで治療を受けるかは原則として治療を受ける本人に選ぶ権利があります。
保険会社さんにも医療機関にもその権利はありませんので、ご自身が受けたいところで受けて頂けます。

 

病院と整骨院の違いは?

交通事故治療に関して言えば、病院(整形外科)では検査設備が充実しております。

また、痛み止めの注射や投薬が可能です。治療は、電気や牽引療法がメインとなり、むち打ちに対する特別な治療はないところがほとんどのようです。

整骨院では検査設備は有していないところがほとんどで、手による検査が主になります。

治療も手技による施術を行うため、一人一人に合わせた治療が可能となります。

その中でも当院ではむち打ちに対する特別な知識を有しておりますので、むち打ちの改善も明らかに違ってきます。

 

他の病院(整形外科)からの転院は可能ですか?

はい、可能です。まずは当院までお電話下さい。
保険会社の担当者への連絡の方法等お教えします。
また、病院(整形外科)との併診も可能ですので、最善の方法を考えていきましょう。

 

示談はいつ?

ケガやむち打ちが治った場合はその時点で示談交渉に入ります。

後遺症が残った場合は一般的には、後遺障害等級が確定した時点(または非該当が確定した時点)から示談交渉となります。

事故による痛みやケガが残った場合は法律の専門家に相談されることをお勧めします。
当院でもしっかりサポートさせて頂きます。

 

治療費の打ち切り

交通事故・むち打ちの治療を続けていると、保険会社から
「一般的にはもうよくなってる時期なので、今月で治療費の支払いを終了します」
という連絡を受けることがあります。

これがいわゆる「打ち切り」と言われてるものです。

多くの人はこの連絡をもらうと、もう治療費を払ってもらえないとショックを受け、人によっては治療がまだ必要にも関わらず治療をやめてしまう方もいらっしゃいます。

しかし、上記の連絡は
「保険会社としては、交通事故から一定期間が経過したため、仮に、治癒したか、もしくはこれ以上の改善は望めないと判断し、一旦治療費の支払いを止めますが、後で治療が必要であるとわかった時はその部分の費用も負担します」
という意味で、決して「もう払わない」という文言通りの意味ではありません。

上記のような連絡がきたら、担当の先生と相談し、治療効果が上がっているならば治療を続けましょう。

まずはご自身の健康を取り戻すことを最優先に考え、治療に専念して下さい。

 

整骨院で交通事故の治療

人身傷害保険とは?

自動車事故により、ケガや死亡した場合の損害額を過失割合に関係なく、決められた損害額の全額を補償してくれます。
保険によっては、歩行中の交通事故や他の自動車に乗っいてる場合の事故まで補償される場合もあります。

交通事故相手に支払い能力がない場合も補償。
単独での交通事故の場合も補償される保険があります。

自分の保険についてるかや、詳しい内容はご自身が加入している保険会社さんにご確認ください。

 

搭乗者障害保険とは?

契約自動車の運転中に、運転している方や同乗の方がケガをした場合などに、決められた損害額を補償してくれる保険です。

交通事故による、運転者や同乗者のケガや死亡、後遺障害を補償。
単独での事故や、過失割合が100%の事故の場合でも補償があります。

自分の保険についてるかや、詳しい内容はご自身が加入されている保険会社さんにご確認ください。

 

弁護士特約とは?

弁護士費用補償特約。
自動車事故で、相手との交渉を弁護士に依頼した場合に、交渉・訴訟・調停・仲裁のための費用を補償します。

加入しているかは保険証券または保険会社さんに確認して下さい。

以下、弁護士に依頼したほうがいい事例です。

ケース1

追突された事故など、ご自身に過失がなく明らかに相手の過失が大きいのに、損害賠償請求や示談に応じてくれない場合。
(尚、過失割合に大きな争いがある場合も可能です)

ケース2

子供が通学途中に自動車との接触で怪我をした際に、相手方が損害賠償請求や示談交渉に応じてくれない場合。

など。

特約をつけているかや、詳しい内容はご自身が加入している保険会社さんにご確認ください。

 

加害者が無保険の場合は?

無保険やひき逃げの場合、政府の保障事業があります。
政府(国土交通省)が、損害をてん補してくれる制度です。

法律の専門家さんの紹介もしておりますのでまずはご相談ください。

 

マッサージ店で交通事故治療は?

交通事故によるむち打ちやケガの治療費で保険会社から認められるのは、医師免許を持つ医師がいる医療機関か
柔道整復師のいる整骨院、接骨院または鍼灸師のいる鍼灸院のみです。

国家資格を持たない「整体」や「カイロプラクティック」「クイックマッサージ」では自賠責保険の支払いの対象にはなりません。

自賠責保険ではなく自腹で治療にいくのならばどこでも受けられますが、知識がないと症状を悪化させる場合もありますので、自腹でもやはりむち打ちの専門の知識をお持ちのところがいいと思います。

 

交通事故で労災が使える?

通勤途中、仕事中の交通事故では労災保険も使えます。

休業補償については自賠責保険から補償を受ける事ができ、さらに労災保険の休業特別補償金からも20%まで補償される場合があります。

該当される方は労災の申請もお忘れないようにどうぞ。

 

過失割合が納得できない場合

加害者側保険会社から提示された過失割合に納得できない場合もあると思います。

そんな時はしっかりと交通事故の状況を主張すれば、変更される場合が多いです。
(交通事故発生時に状況をメモや写真に収めておくことをお勧めします)

納得いかないケースでは弁護士さんにご相談ください。
当院でも交通事故を専門とした弁護士さんを紹介させて頂きますのでご相談下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加