車と自転車の衝突事故

こんにちは!
和歌山市の無痛整体「おがわ整骨院」の木村です。

 

数年前に改正道路交通法が施行され、自転車の運転による違反は厳しく取り締まられることになりました。

が、なかには、マナーを守らない運転手もいます。

我が物顔で歩道を走る危険な自転車を見たことのある人もいるでしょう。

 

自動車のドライバーは、どのような点に注意しながら運転すればいいのでしょう。
過去に起きたタクシーと自転車の正面事故を基に解説していきます。

タクシーと自転車の事故

(事故内容)
タクシー運転手が、空車で学校の門を出て、左折するために歩道直前で一時停止。

左右の安全を確認して前進しましたが、左から歩道を走行してきた自転車と出会い頭に衝突。

自転車に乗っていた方が重症を負いました。

 

(事故原因と再発防止策)
この事故の原因としては、主に3つ挙げられます。

1つ目は、タクシー運転手が「自転車が走行してくるかもしれない」という予測をせず、一時停止はしたものの、すぐに道路へ出ようとしたこと。

2つ目は、周囲に堀があり左右の見通しが悪かったこと。

3つ目は、自転車運転者が歩道を通行しており、道路交通法違反だったことです。

自転車

自転車は、道路交通法では「軽車両」の位置付けで、歩道と車道の区別があるところでは、原則、車道を走行しなくてはなりません。

また、その際は、左側通行をする必要があります。

 

「自転車歩道通行可」の標識がある場合や子供や高齢者が運転している場合、車道の交通状況から見てやむを得ない場合などは、歩道を走行しても問題ないですが、基本は車道の左側を走行するよう定められており、違反すれば3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられます。

 

この事故で重傷を負った自転車運転者は、歩道を走行していたため違反となりますが、衝突してしまった以上、自動車のドライバー側に大きな過失があるとされる可能性が高いです。

 

車を運転する以上、注意していても事故は潜んでいますので、常に油断は禁物です。

自転車や歩行者の存在や動向に細心の注意を払い安全運転を。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加