服の脱ぎ着が辛い四十肩・五十肩の対策

 

こんにちは。

和歌山市の整体「おがわ整骨院」の木村です。

 

 

ある日突然、腕が上がらない。。。

激痛が。。。

 

四十・五十肩の呼び方ですが、40歳くらいで発症したので四十肩。

50歳くらいで発症したので五十肩と言われてます。

 

どちらも、症状は同じです。

 

正式な名前は、「肩関節周囲炎」と言います。

 

肩は、広範囲に動くのでとても、複雑な構造になっていて炎症が起こりやすいのです。

 

 

四十肩男性

 

■四十肩・五十肩になる原因は?

 

原因は、はっきりしていないのです。

 

年齢が高くなるにつれ、老化・筋肉の衰えで発症しやすくなるのも原因の一つかもですが、

普段、運動をして筋肉を鍛えている人でもなってしまうのです。

 

 

■ そのまま放っておいても大丈夫?

 

治療もせず放っておいても半年~1年くらいで自然に治ります。

 

半年ってけっこう長いですよね?

この痛みが半年?!って思うと。。。

 

 

生活に支障がある場合は、整体・整骨院で治療してもらう事をお勧めします。

上の物を取ったり、服の脱ぎ着が痛くて大変ですよね。

 

 

■ 四十肩・五十肩の症状は

 

・肩が痛くて上に上げれない

・後ろの方に腕を回すと痛い

・腕がなんだか怠い・しびれる

・夜中にうずいて寝れない

 

などの症状が表れます。

 

突然、激痛に襲われるのが、「急性期」と言います。

そこから、鈍い痛みに変わり肩の動きが自由に動かせなくなるのが、「慢性期」と言います。

 

急性期は突然、片側の肩のまわりに、指先まで痺れるような激しい痛みが数日~数週間続きます。

その後に、慢性期になると肩が動かしづらい日々が続きます。

痛みは、鋭い痛みから鈍い痛みへと変わっていきます。

 

 

肩が痛い女性

 

■ 急性期・慢性期対処法

 

「急性期」

痛む肩を安静に保って痛みを我慢して、無理をして肩を動かすのは逆効果です。

 

激しい運動、重い荷物をもつなど痛みを伴う動きは避けましょう。

まずは、安静にしましょう。

 

ズキズキがひどい場合はアイシングもお試しください。

ただし、アイシングで痛みがさらに増すようでしたら即中止してください。

 

「慢性期」

発症から数週間~数か月たって痛みが引いた慢性期には、日常の動作を積極的にするように心がけましょう。

 

それと、ぬるま湯のお湯に浸かってゆっくり温めましょう。

とにかく、肩を冷やさないようにしましょう。

 

睡眠中は、筋肉の動きが少ないので、体が冷えやすくなります。

肩関節が冷えると痛みが強くなることもあります。

なので、布団から肩が出ないようにバスタオルや毛布を掛けるなど、冷やさない

工夫をしましょう。

 

 

■ 毎日の服の脱ぎ着の対策は?

 

四十肩・五十肩になると、服を脱いだり着たりする時が顔をしかめるくらい痛い場合があります。

 

四十肩・五十肩になった時の服の脱ぎ着には痛みをおこしにくい順番があります。

 

着る時は痛い方から袖を通して、脱ぐ時は痛くない腕から脱ぐのです。

 

 

痛い肩が、右肩とします。

 

 

【痛くない洋服の着方】

1.右腕を通す

2.頭を通す

3.左腕を通す

 

 

【痛くない洋服の脱ぎ方】

1.左腕を抜く

2.頭を抜く

3.右腕を抜く

 

上記の順番通りに、脱ぎ着すると痛みの度合いも違います。

 

洋服を脱いだり着たりするのは、日常で絶対にすることです。

そのたびに、痛みに耐えながら洋服を脱いだり、着たりするのは苦痛ですよね。

 

少しの工夫で、痛みを軽くしていきましょう。

 

 

袖を通す際に痛みを起こしやすいので、頭から被る服よりもボタンやチャックで

前を止める服など、着やすい服を着るようにしましょう。

 

 

 

四十肩・五十肩について詳しくはこちら

四十肩・五十肩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加