産後の腰痛の対策

産後の腰痛の対策

 

こんにちは。

和歌山市の整体「おがわ整骨院」の木村です。

 

 

出産後の育児で、子供を長時間抱いてると肩甲骨がカチカチに張って、腰は怠いし、痛くてツラくないですか?

でも、なかなかゆっくり休めないですよね。

これから、産後腰痛とその対策について紹介していきますね。

 

 

赤ちゃんの写真

 

■ 産後腰痛になる原因①

 

◎骨盤の歪み

 

妊娠期の腰痛も多いですが、出産後の腰痛も悩みですよね。

 

産後の腰痛になる原因は、骨盤の歪みがまず考えられます。

 

出産時に骨盤が最大に開き、出産直後はまだ骨盤が広がったままで緩んでいる状態です。

そこからゆっくり時間をかけながら元に戻ります。

ですが、、、戻るスピードにも個人差があります。

 

 

骨盤の歪みをそのままにしておくと。。。

 

  • 腰痛
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 下半身太り

になってしまう恐れがあるので、この時期に早めに改善するのが重要です。

 

 

 

 

■ 産後腰痛になる原因②

 

産後の育児での慣れない姿勢で腰への負担が多きいです。

 

  • 数時間おきの授乳やオムツ替え
  • 赤ちゃんを長時間抱っこ
  • 前かがみでの赤ちゃんの沐浴

 

など、産後のお母さんは、これらを毎日繰り返していくのです。

どれも腰には、かなりの負担がありますよね。

 

お世話を一生懸命に頑張ろうとする気持ちが、強いほど腰への負担が重なっていくのです。

 

時間があるときに休もう、、ではなく、意識的に休む時間をとることが必要です。

 

 

 

 

■ 産後腰痛になる原因③

 

産後、骨盤が歪んだままの状態での育児は、腰にかなりの負担がかかった状態です。

一人で慣れない育児を手探り状態で頑張りすぎると心のゆとりがなくなってしまいます。

このような精神的なストレスは、自律神経の乱れを引き起こし腰痛につながる要因になります。

 

骨盤ベルト

 

 

■ 腰痛を改善する対策

 

○骨盤の歪みには骨盤ベルトがお勧め

骨盤ベルトで、骨盤をしっかり固定することで元の位置に戻す手助けになります。

骨盤が元の位置に戻れば腰痛もかなり楽になります。

 

ただし、骨盤ベルトをつけていれば何をしてもいいわけではありません。

同じ姿勢を続ける、足を組むなど腰に負担のかかる動きをすればベルトをしていても効果はでません。

 

着用時も、腰に無理のない動きを意識しましょう。

 

 

 

■ 産後の腰痛対策に整体・整骨院が良い

 

骨盤ベルトや、腰に負担にならないようにしているのに、なかなか改善されない場合は、整体・整骨院などに行くことを勧めます。

骨盤の歪みはきちんと治しておかないと、後々から体に不調がでてきます。

自力で骨盤を矯正するのは難しいので、専門の方に治してもらうのが一番です。

 

骨盤矯正で、産後のダイエットにも影響がでてきます。

骨盤をもとの位置に戻すことで、痩せやすい体にもなります。

 

抱っこ

 

 

■ まとめ

 

産後の腰痛の原因は、産後まだ骨盤が歪んだままで、慣れない子育てからの慣れない姿勢での負担です。

 

骨盤の歪みを放っておくと、頭痛、腰痛、肩こり、下半身太りなど身体に影響がでてきます。

 

なので、そうなる前に骨盤ベルトで固定しましょう。

それでも改善されなければ、整体・整骨院など専門家に治してもらいましょう。

骨盤の歪みがなくなると、痩せやすい体にもなるので嬉しですよね。

 

 

日々の子育てのためにも痛みのない生活を送りたいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加