後部座席シートベルトは必要か

こんにちは!

和歌山市の整体・おがわ整骨院の木村です。

 

高速道路のIC付近で、「後部座席シートベルト着用の取り締まり」を行っているという話をお聞きしたことはありませんか?

 

しかし「一般道で取り締まられた」という話はあまり聞かず、「一般道では後部座席のシートベルト着用は義務ではない」

と思っている方も、実際はかなりいるのではないでしょうか?

 

でも実は

それは、間違いなんです!

 

シートベルト

■ 現在では、全席シートベルトが義務付けられています!

 

「後部座席のシートベルト着用義務は、高速道路だけ」と思っている人、結構多いのではないでしょうか?

平成20年に実施された【道路交通法改正】によって全ての座席でのシートベルト着用が義務化されています。

  • ・シートベルトを着用せずに車を運転してはいけない
  • ・運転手はシートベルトを着用していない人がいる状態で車を運転してはいけない

ということが、義務付けられているのです。

つまり、高速道路であろうが、一般道であろうが、車が動いている際は乗っている人みんながシートベルトを着用していなければならないのです。

 

 

■ こんなに危険!後部座席シートベルト非着用の恐怖!

 

後部座席(に限ったことではありませんが)でのシートベルトの非着用では、以下のような危険性があります。

 

1.車内で全身を強打する可能性がある

事故の衝撃で、すさまじい力で前席や天井、ドア等にたたきつけられることになります。

仮に、時速60㎞で進んでいる車が壁に激突した場合、高さ14mのビルから落ちるのと同じ衝撃を受けるのです。

 

2.車外に放り出されてしまう可能性があります

衝撃の勢いが激しい場合、後席から車外に放り出されることがあります。

車外に放り出される、堅いアスファルトに体を打ち付けたり、後続の車両に繋がれることで、最悪の場合は命を落としてしまう事も考えられます。

 

3.前席の人が被害を受ける可能性があります

衝突の勢いで後部座席の人が前方に投げ出されると、前席の人はシートとエアバックで挟まれ、頭に大けがをすることなどにより、命を奪われることがあります。

後席の人がきちんとシートベルトを着用することは、前席の人の命を守ることにも繋がっているのです。

 

■ なぜ一般道では着用義務がないというイメージが広がったのか?

 

全席シートベルトの義務化されていますが、一般道では取締りを行っていないのが原因ではないかと推測されます。

現状では罰則があるのが「高速道路でも未着用」だけだからなのです。

全席着用の義務化が決定した際に、激変緩和装置のようなもので、「当面の期間は一般道での取り締まりは行わないという」という事になり、現在もまだ継続されているのです。

ですが、法律上は全席着用が義務化しているので、いつ警察の対応が変わり一般道でも取り締まりを初めてもおかしくはありません。

 

 

■ まとめ

 

現在では、平成20年実施された【道路交通法改正】によって全ての座席でのシートベルト着用が義務化されています!

これによって、一般道でも取締りが始まってもおかしくない現状です。

 

しかし、取り締まりがあるから、という意識ではなく、大切な同乗者の命を守る為、何より自分の命を守るために、後部座席でのシートベルトはしっかりと着用するべきなのです。

 

ルールを守って安全運転!

これがなによりですね(^^)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加