冷えからくる腰痛

冷えからくる腰痛

 

こんにちは。

和歌山市の整体「おがわ整骨院」の木村です。

 

 

 

寒くなると、体の冷えを感じることがありますよね。

 

人によっては、特定の場所が痛みだしたりすることも。

特に腰の痛みはツラいですよね。

 

 

腰痛女性

 

 

■ 冷えが腰痛の原因?

 

 

整骨院などにしばらく通っているのに、腰痛がなかなか治らない時に考えられる原因としては、内臓の冷えなどがあります。

 

 

内臓の冷えは、なかなか気づきにくいです。

 

夏の時期に暑さで冷たい飲み物を必要以上に飲んでいたり、冷房の効いた部屋、乗り物に肌を露出した薄着で、長時間居ると知らず知らずのうちに体が冷えていくのです。

 

 

表面的な冷えならすぐに戻りますが、内臓が冷えきってしまうと、なかなか元には戻りません。

 

夏場の冷えが今になって、と思うかもしれませんが、内臓の冷えの影響は次にくる季節から、じわじわと出てくるので、直接的な関係が分かりづらいのです。

 

冷えが原因で腰痛になっている場合、

ある内臓が冷えて弱っている可能性が高いです。

 

 

それは、腎臓です。

 

 

 

 

■ 冷えからくる腎臓の特徴

 

 

腎臓が冷えている可能性が高い場合は、

足元が冷えていたり、むくんでいると腎臓に影響が出ます。

 

 

腎臓が弱って、膀胱は固くなって十分に尿を排泄できていない可能性があるからです。

 

 

そして、腎臓が冷えて弱ってしまうと、腰から臀部にかけて大腰筋という筋肉が強張ってしまいます。

それが腰痛の原因になってしまう可能性が高いです。

 

そうなると、この大腰筋の強張っているのがほぐれてくれば

いいのですが、実際に自分でもみほぐしても強張りは取れません。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

足湯

 

 

■ 冷えてしまった時・改善法

 

冷えて弱ってしまった腎臓を回復させるには、

温めるのが効果的です。

 

どのような方法で回復させるかですが、

足湯がおススメです。

 

足湯が自分でできる簡単な改善法になります。

 

 

足裏には、腎臓の反射区というのがあります。

ツボとしては涌泉という場所があります。

 

こちらを温めてあげると、だんだん内臓に戻っていく血流が温まり、

結果として冷えきってしまった内臓に温かさを取り戻していくことになります。

 

大腰筋が硬直してしまった原因である腎臓が回復すると腎臓を守るために

硬直した大腰筋は自然に緊張がとれ、元の状態に戻って腰痛が解消していきます。

 

 

お腹の冷え

 

 

■ まとめ

 

 

腰痛になれば整体・整骨院に行くのはもちろんですが、

自宅でもセルフケアとして、内臓を温めるということをしてみて下さいね。

 

特に、冷え症でむくみのきつい人は普段から腎臓が疲れている証拠です。

 

その場合も、温めて労わってあげるとだんだんむくみが解消されていきます。

 

是非、試してくださいね。

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加