駐車場内での事故

駐車場内での事故

 

こんにちは!
和歌山の整体・おがわ整骨院の木村です

 

 

駐車場は、意外にも交通事故が発生しやすい場所の1つです。

あまり知られていませんが、車両事故の約30%は駐車場で発生しています。

 

 

駐車場における事故の内容はほぼ2種類に分けることができます。

駐車場における事故のうち、施設への接触事故が30%、車同士の接触事故が55%です。

 

また、道路と比べて施設との接触事故が起こりやすいという特徴があります。

特に駐車・発進の際に車両や歩行者、看板などに接触するケースが多いようです。

 

 

そこで今回は、駐車場での事故の実態や、ドライバーが意識しておくべき注意点についてお伝えします。

 

駐車場

 

■ 駐車場における事故の実態

 

駐車場での事故の多くは、不注意から起こります。

また、駐車場内では車の動きが不規則になりやすいことにも注意する必要があるでしょう。

 

駐車スペースを探すことだけに意識が集中し、視野が狭くなっているドライバーによって起こる事故が多いことも覚えておきましょう。

 

「空きスペースに早く停めたい一心から、安全確認を怠ってしまう」

「いつも使用する駐車場で気が緩んでしまう」

などの油断から事故が起こることも多々あります。

 

 

 

■ 駐車場での事故を未然に防止するには

 

駐車場での事故を未然に防止するためには

「駐車場へ入る際」

「駐車場内を走る際」

「駐車する際」

「駐車場から出る際」

のそれぞれにおいて注意する必要があります。

 

まず、駐車場へ入る際は後続車が気づきやすいようにウインカーなどの合図を早めに出してください。

 

歩道を横後って駐車場へ入る際場合は、歩道上の自転車や歩行者も確認することが必要です。

 

駐車場内を走る際は制限速度を守り、一時停止の指定がある場所では必ず車を停車させましょう。

駐車スペースを確保することばかりを優先させず、歩行者や他の車にしっかりと目を配ることが大切です。

 

 

 

駐車する際は他の車との間隔に注意して下さい。

左右だけでなく、前方にも目を配りましょう。

ミラーだけに頼らず、目視でもしっかりと確認を行ってください。

 

 

駐車場から出る際は、他の車だけでなく、歩行者や自転車なども確認してからゆっくり発進しましょう。

走行中の相手車両が、停車して道を譲ってくれたとしてもすぐに発進せず、相手車両の脇に歩行者や自転車がいないか確認する必要があります。

 

 

 

■ 機械式立体駐車場を利用する際の注意点

 

機械式立体駐車場を利用する際は、通常の駐車場とは異なる確認・注意ポイントがあります。

 

まず、自動車を入出庫する際はドライバー以外が駐車場内に立ち入らないでください。

周囲に人がいると機械に巻き込まれる危険性があります。

 

そして駐車措置の操作は、周りに人がいないことを確認してから行ってください。

機械操作中は操作場所から離れず、子供など近付かないようしっかり目を配る必要があります。

 

 

なお、機械操作ボタンを器具などで固定して押し続けた状態にすると急な事態に対応できず、非常に危険です。

手間を怠らず、しっかりと自分の手で操作を行いましょう。

 

 

 

■ まとめ

 

駐車場内での事故を未然に防ぐために1番大切なものは、ドライバー自身の心構えです。

自分に非がない事故も、こちらがしっかりと安全運転を行うことで大抵は予防する事ができます。

入庫する際も出庫する際も、周囲の確認は絶対に怠らないようにしましょう。

 

 

事故は油断して、安全運転を怠ったタイミングで起こるものです。

事故に巻き込まれてしまった場合は、現場の当事者間だけで安易に示談交渉を進めることは避けましょう。

当事者だけで話を進めると、後々トラブルになる可能性があるからです。

 

速やかに警察や保険会社に連絡し、第3者を置いて解決することが得策だといえます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加