産後の骨盤を整える

産後の骨盤を整える

 

こんにちは。

和歌山市の整体「おがわ整骨院」の木村です。

 

 

出産後の女性は体系が変化してしまったと、実感してるのではないでしょうか?

 

下っ腹がポッコリ出てしまったり、お尻が大きくなったり、妊娠前に履けてたはずの

ジーンズが入らなくなったなどの悩みがあるのではないでしょうか。

 

また、産後に便秘症になったり尿漏れが起きてしまった方もいるでしょう。

 

産後は骨盤が大きく開いてしまうので歪みが生じやすく体型、臓器に影響してしまうことが大きな原因です。

 

産後の体型崩れ、さまざまなトラブルを防ぐためには、骨盤をきちんと整えることが大切です。

 

 

そこで、産後の骨盤を整える方法についてご紹介していきますね。

 

 

産後ママ

■ 産後は骨盤を整えるチャンス

 

 

出産を経験した女性の骨盤は、靭帯が緩んで不安定な状態になります。

 

そのまま放置しておくと歪みがそのままの状態で固定されてしまいます。

産後に体型崩れやトラブルが起きやすくなったりしてしまうのです。

 

しかし、骨盤が緩んでしまうということは今まで抱えていた骨盤のさまざまなトラブルも、出産を機に改善することができるということです。

 

出産ほど骨盤が大きく動くことはありませんので、これをチャンスと捉えて妊娠前より良い骨盤の状態に整えていくようにしましょう。

 

 

 

 

■ 骨盤とは?

 

まずは、骨盤とは何か?について簡単に説明していきますね。

 

骨盤は、仙骨、尾骨、寛骨、といった骨が結合してできているものです。

 

 

骨盤図

 

 

骨盤が大切なのは、体の中心にあり、下半身に繋がる大腿骨、上半身を支える背骨と直結しているからです。

 

そのため、骨盤が歪むことで体のあちこちに影響が及ぶようになってしまいます。

 

また、骨盤の中には子宮を始め腸などの臓器がたくさん集まっているため、骨盤が歪むことで、臓器にも影響が出るようになります。

 

だからこそ骨盤を正しく整えることは非常に大切なのです。

 

 

 

 

 

■ 産後の過ごし方による歪み

 

産後に骨盤を治す必要があるのは、産後の過ごし方が良くなかったことも関係してきます。

出産してから1カ月くらいの間は、安静にすることが基本となっています。

 

しかし、体がもう動くからと産後間もないうちから家事や育児をフルパワーで行ってしまうと、

体の回復が遅れ内臓下垂がおきてしまい骨盤が閉まらなくなってしまうようになるのです。

 

 

 

 

 

■ 産後は安静期間が大事

 

産後安静にしないことで骨盤が閉じないうちに重力の影響で子宮や内臓が下がっていき、骨盤の中に入り込むようになります。

 

骨盤の中に臓器が入り込むと、骨盤が閉まりにくくなり歪みがそのまま定着しやすいので、産後は安静に過ごすようにしましょう。

 

 

 

 

■ 横になる時間を多めに

 

産後は、骨盤を整えるためにも安静にすることが大事です。

安静というのは起きて活動している時間より布団やベッドに横になっている時間が多いということです。

 

内臓が重力を受けないことで、内臓下垂を防ぎ骨盤が開いたままの状態になることを防いでくれます。

 

 

 

 

■ 早すぎるベルトはダメ

 

妊娠や出産、そして産後の状態により骨盤はあっという間に歪んでしまいます。

そのため、歪みをできるだけ早めに取り除きたいと、出産した直後から骨盤矯正のベルトを巻いたり、サポーターをはめたりする方もいてますが、時期としては早すぎると言えるでしょう。

 

産後3週間~1カ月の間は安静にすることが大事です。

子宮が小さくなっていく期間や、悪露が落ち着く期間、出産の体力が回復する期間として必要なのです。

 

この時期から骨盤矯正のベルトを巻いてしまうと、悪露が出にくくなってしまったり、内臓下垂を促進させたりしてしまうこともあるので、産後1ヵ月を過ぎてから骨盤を治すベルトやエクササイズを始めるようにしましょう。

 

 

エクササイズ女性

 

 

■ 骨盤を整える時期は?

 

○産後2ヶ月から開始

骨盤の歪みを整えはじめるのに理想なのは、産後2ヶ月くらいがいいです。

この頃になると悪露の量も落ち着いてますし、少し赤ちゃんとの生活にも慣れてきているため、自分の体にも意識を向けやすくなります。

 

ただ、悪露や体の状態の回復には個人差があるので、様子を見ながら少しずつ体を動かしていくようにしましょう。

 

 

○産後6ヶ月までに始める

骨盤を整え始める時期は、早すぎても良くないですが、遅すぎるのも良くないです。

産後の時間が経つにつれどんどん骨盤が動いて安定しようとするため、遅すぎると骨盤の歪みを整えにくくなります。

 

骨盤を整える時期としては、産後6ヶ月までには始めるようにしましょう。

 

 

 

 

■ 整体、整骨院で整えてもらう方法

 

骨盤をしっかり整えたい場合や、腰痛などの持病がある場合は、整体院、整骨院などの専門家に診てもらうことで、より安全に骨盤の歪みを整えていくことができます。

 

 

 

 

■ まとめ

 

産後で、まだ悪露や体の状態が万全ではない時期は、骨盤調整はやめましょう。

 

産後2ヶ月で、日常生活にも慣れ、悪露の量も少なくなる時期から、開始するのが理想です。

 

ただ、個人差があるので2ヶ月経っていたとしても、体調や悪露の状態がすぐれない時は、様子を見ながら始めましょう。

 

しっかり、エクササイズや、サポートを行うことで妊娠前より調子の良い体調、骨盤を目指しましょうね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加