坐骨神経痛で起こる症状について

坐骨神経痛で起こる症状について

 

こんにちは。

和歌山市の整体「おがわ整骨院」の木村です。

 

 

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている、坐骨神経がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることにより現れる痛み・痺れなどの症状のことを指します。

 

どのような症状が坐骨神経痛と呼ばれ、また何が原因で起こるのかをまとめました。

 

 

坐骨神経痛

 

 

■ 坐骨神経痛の症状

 

坐骨神経痛の症状とは、どのようなものがあるのでしょうか?

 

感じ方には個人差があるので、神経痛でも、痛みより痺れや怠さ、違和感を強く感じる人も多いようです。

 

 

 

 

■ 症状の出やすい部位

 

○腰と骨盤の境目付近

○お尻

○太ももの外側から裏側

○膝の裏側

○ふくらはぎ全体

○脚の前面部

○足首、かかと、足先

○排泄器官

 

坐骨神経痛は、腰の骨の下部から骨盤を通り、太ももの外側からかかと付近までを走る太い神経です。

 

坐骨神経の走る道筋に起こる神経痛の総称なので、症状の出る部位は腰と骨盤の境目付近、お尻から足にかけてが中心で、これらの部位の一部、または複数~全体に何らかの感覚異常がおこります。

 

しかし、坐骨神経は腰の骨である腰椎からつながっているため腰痛との関連が深く、腰痛と坐骨神経痛が一緒になる人が多くみられます。

 

そこから範囲が広がって、腰と神経がつながる背中の上部にまで強い痛みを感じる場合もあります。

 

また、排泄に関わる神経が交わっているので、坐骨神経痛と同時に起こる症状として、便秘や排泄障害、尿漏れなども起こる場合があります。

 

 

坐骨神経痛男性

 

 

■ 症状の感覚

 

○ジリジリした痛み

○ビリビリした痛み

○ジンジンした痛み

○チリチリと焼けつくような痛み

○チクチク刺すような痛み

○しびれ

○力が抜けるような脱力感

○怠さ

○じっとして居られないような気持ち悪さ

○電気が走るような激痛

○強く凝っているような感じ

 

 

神経性の感覚の異常は、人によって感じ方が違い、また、原因や刺激されている神経の部位によっても症状の感覚が変わります。

色々な感覚が重なって感じられる場合もあります。

 

 

 

 

■ 主な症状・比較的軽度な症状

 

○お尻から足にかけて痺れるような感覚がある

○お尻、太ももの外側から裏側、膝の裏側、ふくらはぎ、足首周辺のどこかにビリビリ、ジンジン

とした感覚がある

○普段痛みはないが、お尻から足にかけて、電気のような激しい痛みが急激に起こることが

ある

○重い物を持つと、腰だけではなくお尻や足の方までが痛む

○お尻が痛い、または怠くて長時間座っていられない

○歩いているとお尻から足にかけて痺れてくる、または脱力してくる、痛む

○左右の下肢の筋力に大きな差があるように感じる

○冷えたり雨が降ったりしたときに痛み、痺れが強くなる

 

 

 

 

■ 中度から重症

 

○安静にしていてもお尻から足にかけてジンジンと痛む

○痛みによって眠れない

○少しの動作で足から腰、または背中の方まで強い痛みが走る

○お尻から足の脱力や痺れによって歩くのが苦痛

○座っているのがたまらなく苦痛

 

 

 

 

 

■ まとめ

 

坐骨神経痛と言っても、様々な症状がありますよね。

上記のような、症状・痛みの原因・痛みが強い場合は、自分で判断せず専門の治療院などに相談してください。

 

予防法 改善法はこちらの記事をお読み下さい。

坐骨神経痛の予防・改善法

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加