坐骨神経痛の日常での対処法

坐骨神経痛の日常での対処法

 

こんにちは。

和歌山市の整体「おがわ整骨院」の木村です。

 

 

坐骨神経痛にならないためにも、常日頃の予防が重要になります。

 

急に重い物を持つ、中腰の状態を続ける等々はもちろんのこと。

そして、一番重要な予防は固い意志です。

それは自己管理です。

 

これから日常の坐骨神経痛の予防についてご紹介していきます。

 

 

 

 

■ 腰の負担を減らす

 

体重を減らすことは、腰への負担の軽減にもつながります。

坐骨神経痛を引き起こす色々な腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニアなどの予防にもなります。

固い意志を持ち、体重管理をすることが、坐骨神経痛を予防する重要なポイントに

なります。

ウォーキング、ストレッチも重要な日々の予防になります。

ウォーキングは、腰に負担をかけない優れた全身運動です。

 

 

 

■ ストレッチ

 

ストレッチでの腰痛体操は、腰の柔軟性をアップさせると同時に、腰・お尻の筋肉をつける

ことになります。

 

また知らず知らずのうちに、坐骨神経痛を引き起こすきっかけになる行動を、坐骨神経痛予防の

観点から意識することも重要です。

例えば咀嚼(そしゃく)、人は噛むときの癖がそれぞれあります。

できることなら、左右均等に奥歯を使って咀嚼するようにしてください。

 

あと、咀嚼と同じようにバッグなどを持つ手も癖が出ます。

左右均等に鞄を持つことで、体の歪みを矯正することもできます。

 

長時間椅子に座る時も、心がけが必要です。

もちろん、正しい姿勢で座っていれば何も問題はありません。

 

しかし、人は無意識に楽な姿勢をとろうとします。

背筋を伸ばして、両足のかかとをしっかり床につけます。

そして1時間おきに軽くストレッチを行います。

 

また、両方の坐骨に左右均等に体重をかけて座るように心がけてください。

骨盤の歪みから、若干なりとも左右の足の長さが違います。

つまり、右足が短い人は右側の坐骨に体重をかけ過ぎて座っているのです。

基本の姿勢として左右均等に体重をかけることが必要です。

このように坐骨神経痛に対する日々の予防は、際限なくあると言えます。

 

その中でも私たちは坐骨神経痛にならないために、腰に負担をかけない、体重を

含めた自己管理の徹底、左右均等を心がけるべきです。

 

これを予防し続ければ、坐骨神経痛に悩まされることはありません。

 

 

 

 

 

 

■坐骨神経痛・寝相

 

仰向け・うつ伏せ・横向き、いろんな寝相があります。

寝相によって、腰にかかる負担が大きく違ってくるのです。

坐骨神経痛にも影響を及ぼします。

それぞれの寝相が腰にどのような負担を掛けるかについて考えてみたいと思います。

 

 

○うつ伏せの場合

最も腰に負担を掛ける寝相がうつ伏せです。

うつ伏せに寝た場合、腰椎に対する反り具合が非常に強くなってしまうため、骨盤の傾きも

大きくなってしまうからです。

 

 

○仰向けの場合

うつ伏せ程ではありませんが、両足を伸ばす、背筋を伸ばすことによって、腰椎・骨盤に負担が

かかってしまいます。

どうしても仰向けで寝る習性がついているひとは、最初から両足を伸ばすのではなく、まず両足を

立ててから、そのまま伸ばすようにしてください。

 

 

○横向きの場合

横向きの寝相が最も腰にかかる負担が少ないです。

横向きの状態で、膝を曲げ背中を丸めるようにして寝れば、さらに有効性があるといわれています。

抱き枕を使っても、腰への負担が減ります。

 

 

 

 

■ 坐骨神経痛で寝れない時の対処法

 

○腰の負担を減らす

座骨神経痛の痛みを少しでも和らげようと、無意識のうちに腰周辺の筋肉まで緊張して

腰の負担を和らげようとします。

そこで湯たんぽ等、腰周りを温めるものを用意して、楽な姿勢で横になります。

そして、腰周りの痛みの激ししいところに湯たんぽ等で患部を温めます。

 

温めることで、患部周辺の血流が良くなって痛みが緩和します。

 

 

 

 

 

■ まとめ

 

腰の負担を減らすには、先ずは体重管理ですね。

そのためにも、運動やストレッチなどで予防しましょう。

日常生活でも、体の歪みを矯正する為に左右均等に、体重をかけるようにしましょう。

 

寝相によっても腰に負担がかかる場合もあるので、気をつけましょう。

睡眠時、寝れない時も患部を温めるなどして対処しましょう。

あなたの現在の日常動作や体の使い方で、現在の坐骨神経痛は出ています。

日常生活で少し工夫を入れるだけでも痛みが軽減することもありますので

自己管理してみて下さいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加