当て逃げされた時にとるべき行動

当て逃げされた時にとるべき行動

 

こんにちは!
和歌山市の整体、おがわ整骨院の木村です。

 

車を運転していれば、事故にあうことは十分にかんがえられます。

自分がどんなに気をつけていても事故に巻き込まれてしまう可能性もありますし、事故には常に備えておくことが重要になります。

交通事故

事故に巻き込まれてしまった時に考えられるのが加害者でもある相手が逃げてしまうというケースです。

いわゆる、当て逃げというもの。

 

車を駐車して、買い物をしている間などに当て逃げされてしまった場合はどうしようもありませんが、もし運転中など車内にいるときに当て逃げされてしまった時は、まず相手の車のナンバーを覚えておきましょう。
当て逃げですから、その場で加害者である相手と交渉することはまず不可能です。

急に交通事故が起きてしまいこちらもパニックになってしまいがちですが、とにかく冷静に相手の車両のナンバーを確認しておきましょう。

 

相手のナンバーさえ覚えておけば、その場で逃げられてしまったとしても後でいくらでも対処が可能です。

ですが、ナンバーを覚えておかなければ相手を特定することも困難になりそのまま加害者が見つからないままになってしまう可能性もあります。

 

相手ときちんと交渉をし、適正な修理費用を請求するためにもこれはとても重要なことです。

 

相手のナンバーを確認したら忘れてしまうことを防ぐためにメモ帳や携帯電話などに控えておくとよいでしょう。

その後は警察に相談するなど、必要な対応をしていきます。

こうすることで万が一当て逃げをされてしまった時も迅速な対応をすることができます。

被害報告

当て逃げされた時は状況をまとめておきましょう。

 

自分が当て逃げの被害にあってしまった場合、どのような対応をするのが正しいのでしょうか?

当て逃げの状況によっても対応が大きく変わってきます。
例えば、買い物のために駐車場に車を停め、買い物を済ませて戻ってくると車が破損していた。

このようなケースの場合、いったい誰が当て逃げをしたのかはわかりません。

状況をまとめておくことで専門家である警察が捜査をしてくれますし、スーパーの駐車場などでは防犯カメラの映像が残っているかもしれません。

その映像から加害者を特定できる可能性もあります。

 

もし、自分が車に乗っている時に当て逃げをされてしまった場合は落ち着いて加害者の車のナンバーを控えておきましょう。

また同時に車の特徴をチェックしておくことも重要です。

 

事故直後は驚いてしまい冷静な行動をするのはなかなか難しいものですが

何色の車両だったのか、

軽自動車なのか、

セダンタイプなのかワゴンタイプなのか、

もし可能であれば運転手の性別、年齢なども見ておきたいところです。

 

車と加害者本人の特徴を覚えておくほど加害者の特定はしやすくなります。

またナンバーや車の特徴を覚えておくことでも重要ですがその時の状況についてもしっかりとまとめておきましょう。

 

当て逃げをされてしまった場合、相手は逃げてしまっているわけですから、その後は警察に相談することが一般的な対応となります。

 

この時、いったいどういう状況だったのかを警察に知らせなければなりませんし、保険屋さんに相談する場合でもやはりその時の状況を話すことになるでしょう。

 

当て逃げされた直後というのはこちらも動揺してしまっているものですが、状況をしっかりと整理してまとめておかなければその後の対応が難しくなってしまいます。

まずは冷静になり、どういう状況で何が起きたのかを把握することが大切です。

 

例えば、

自分は走行中だったのか、停車中だったのか、

事故が発生した場所は正確にどの辺りなのか、

他の車の状況はどうだったのか、

こうした点も1つ1つまとめていきましょう。

 

こうすることで事故の詳細を判断することができるようになりますし加害者を特定することにもつながっていきます。

 

事故を目撃した人を探すのも良い方法と言えるでしょう。

第三者の目撃情報というのはとても参考になるものです。

もし余裕があるのであれば状況を確認しつつ、同時に目撃者を探してみるのもいいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加