腰部脊柱管狭窄症と他の病気との違い

腰部脊柱管狭窄症と他の病気との違い

 

こんにちは。

和歌山市の整体「おがわ整骨院」の木村です。

 

 

足の痛み、痺れは、神経の圧迫や血行の障害によって起こる症状です。

神経の圧迫や血行の障害を起こす病気は多くありますが、脊柱管狭窄症はその代表的な疾患です。

 

脊柱管狭窄症とはどのような病気なのでしょうか。

特徴的な症状や、ほかの病気との違いを中心に詳しく紹介していきますね。

 

腰痛男性

 

 

■ 脊柱管とは

 

人間の体を支える背骨は、頭蓋骨から臀部まで椎骨という骨が積み重なってできています。

その椎骨のなかにある空洞が脊柱管と呼ばれ、脊髄、血管が通っています。

 

 

 

■ 脊柱管狭窄症の原因

 

脊柱管狭窄症は頸椎と腰椎に起こりやすいのです。

なかでも腰椎は脊髄がいくつかの神経に分岐し、馬の尻尾のように見えることから馬尾と呼ばれ、その馬尾が圧迫されることで足の痛みやしびれが生じます。

 

腰椎で起こるものは腰部脊柱管狭窄症といいます。

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管が周りの組織の変形によって圧迫されて起こります。

 

主な原因は老化です。

加齢に伴い椎骨間のクッションの役目をしている椎間板の弾力性が失われ、脊柱管を取り組む組織の変形が起こりやすくなります。

 

また、もともと脊柱管が狭い人や、長時間の運転や重いものを抱える作業などに従事し腰に負担がかかっている人は、腰部脊柱管狭窄症を起こしやすくなっています。

 

 

 

■ 腰部脊柱管狭窄症の症状

 

○脚の痛み・痺れと間欠性跛行

腰部脊柱管狭窄症の最も特徴的な症状は、間欠性跛行です。

間欠性跛行は、歩行中に足の痛みや痺れ、つっぱり感が出て歩けなくなり、しばらく休むとまた歩けるようになる症状を指します。

 

腰部脊柱管狭窄症の場合、上体を反ることにより神経の圧迫が起こるため、前かがみにして休むと症状が緩和されます。

 

 

○腰部の痛み、怠さ、違和感

一般的な腰痛症と同様に腰のだるさや張り感などの症状が起こりますが、痛みはさほど強くなく、安静時にはほとんど症状はありません。

 

○排泄障害や便秘

腰部脊柱管狭窄症が進行すると、排尿、排便に関与する神経にも障害が及び、排尿障害や便秘などの症状が現れることがあります。

 

 

背骨

 

 

■ 他の病気との違い

 

○腰部椎間板ヘルニア

足の痛みや痺れを伴う代表的な病気は腰部椎間板ヘルニアです。

腰部椎間板ヘルニアは、椎間板が潰れたり飛び出したりすることで神経が圧迫され、腰から足にかけて痺れを起こします。

腰部脊柱管狭窄症と異なり、比較的若い年代が、仕事やスポーツを契機に発症することが多く、前かがみになると痛みが増強することが多い特徴があります。

 

 

○変形性狭窄症

同じ背骨の老化によって起こる変形性狭窄症は、動き始めの腰痛や張り感などが主な症状で、腰部脊柱管狭窄症にみられる間欠性跛行や痛み、しびれなどの足の症状はありません。

 

 

○閉塞性動脈硬化症、閉塞症血栓血管炎

間欠性跛行を特徴とする別の疾患に、閉塞性動脈硬化症や閉塞性血栓血管炎などの血管の病気があります。

閉塞性動脈硬化症、閉塞性血栓血管症炎は、動脈硬化が原因となり、血流が阻害されることによって足の痛みや歩行障害を起こす病気です。

中高年に好発する点も似ていますが、専門とする科も異なり、両者の鑑別は非常に重要です。

痛みのある範囲や、足先の冷感や足背の動脈触知によって血行の状態を確認することで、おおよその鑑別は可能ですが、正しい診断にはABI検査、超音波検査、MRI、血管造影剤検査などが必要です。

 

病院

 

 

■ まとめ

 

腰部脊柱管狭窄症は加齢に伴って起こる足の痛みやしびれのほか、間欠性跛行を特徴とする病気です。

中高年や腰に負担のかかる作業を行う人に発症しやすい病気ですが、他の整形疾患や血管の病気との鑑別が必要です。

 

足の痛み、しびれがしばらく続くようでしたら一度検査を受けてみることおススメします。

 

脊柱管狭窄について詳しくはこちら

脊柱管狭窄

この記事に関する関連記事