脊椎圧迫骨折後の腰痛

なぜ?他院では改善しなかった圧迫骨折後の腰痛が当院の無痛整体で改善するのか?

なぜ?他院では改善しなかった圧迫骨折後の腰痛が当院の無痛整体で改善するのか?

【ヘルモア八幡前駅整体部門】口コミランキング1位に選ばれました

脊椎圧迫骨折後のしつこい腰痛でお悩みですか? 

 

このような悩みでお困りではありませんか?

  • この背中・腰の痛みとは一生付き合っていくしかないの?
  • まっすぐ起き上がれず、身体を横にしてから起きないといけない
  • 少し歩くと痛みが出てくる
  • ふいの動きに痛みがある
  • 冬の朝の寒さや、雨の日に痛みが出る

 

圧迫骨折をされた方々の切実な悩みです。

 

安静を指示され、ただただ上を向いて寝ているだけの入院期間。
コルセットをしてベッドに起き上がる訓練や車椅子・歩行器での移動。

相当なストレスだとお察しします。

上体を起こせないので、ムリな姿勢で食事して、首の筋肉がおかしくなった方も。。。

 

退院後もいしつこい痛みは残り生活に不便さを抱えてらっしゃる方が多いようです。

圧迫骨折後の腰痛

ご新規限定2000円

問い合わせはこちらまで

line予約

■ 圧迫骨折を起こしやすい要因

多くは後方へ転倒し尻餅をついたときに生じます。

中高年に多い骨折で、特に閉経後の女性、骨粗鬆症に伴う場合が大部分を占めます。
若年者でも、転落事故やスポーツ時など外力が大きい場合に発生します。

その他にお米や布団などの重いものを持ったりしたときや、畑作業や草むしりなどの作業を長時間行っても生じることも。

男性より女性の方が多く、約2倍程度とされています。

 

胸椎12番と腰椎1番の胸腰椎移行部(みぞおちの高さの位置)に最も多く、次いで胸椎7-8番の中位胸椎、次に腰椎と続きます。

 

 

■ 骨折の部位によって進行が異なる?

胸腰椎移行部は最大前屈位で生来の後湾が増強し、最大後屈位でも前湾位をとりません。

よって、胸腰椎移行部には常に椎体前方へ圧迫が加わることになり、他の部位に比べて椎体圧潰が強く、楔状変形のリスクが高くなります。

そのため、発生後の安静期間は長めにとる必要があります。

 

下部腰椎は可動域が大きいですが、後湾位になりにくいため、一般的に楔状変形はしにくいとされています。

そのため、胸腰椎移行部と比較したら、安静期間も短いよいうです。

 

圧迫骨折後の腰痛

■ 圧迫骨折の症状

骨折直後から激痛となることが多く、救急車で病院に搬送されることも多いようです。

骨折による脊髄の圧迫のため、筋力低下、知覚麻痺、直腸膀胱症状(便、尿の失禁など)などが発生することもあります。

寝ている姿勢から起き上がろうとする瞬間に鋭い痛みが生じたり、立ちっぱなしになったり、座りっぱなしでも痛みを生じます。

 

■ 圧迫骨折の経過

脊柱後湾変形は椎体の圧潰により生じ、骨癒合完成後も脊柱後湾化は進行します。

寝たきりは認知症の進行や廃用症候群のリスクを伴うため、ケースに合わせた方針が必要となります。

胸椎後湾が増強し背骨全体が後湾変形してCカーブの背中になっていきます。

背骨の後湾変形の何がいけないかというと、後湾変形は下肢関節にも影響を与え、変形性関節症の進行や要因になったりするからです。

ほかにも、後湾になることで、重心が後方に偏り、太ももの筋肉が過剰に働くこととなり、足や体が疲れやすい状態となります。

 

■ 圧迫骨折の施術法

安静を基本としたものが主流です。

神経症状が出ている場合は手術も考慮します。

早い人では受傷後2週から、多くの人では3~4週から骨が形成されてきます。

この期間になると楽になってくる方もあるようですが、骨が完全にくっつくまで変形は進行しますので施術を継続することが大切です。

 

短時間の動作はできるようになっても、長時間座っていたり、台所仕事をしたりしていると腰が痛くなります。
背中の筋力が弱っているために、筋肉が疲れやすくなっているのです。

 

骨折直後に感じた体を動かしたときの腰痛の鋭い痛みと異なり,重だるく感じる痛みで、骨折した周囲の筋肉の痛みです。

これがしつこい痛みの原因です。

 

受傷した最初の1か月の間に変形を進行させないようにすることも重要です。

 

 

■ どのようなことに気をつけたらいいの?

初期は安静が第一となります。
しかし、ただ単に横になっていても、その体勢に苦痛を感じていたら本当の安静ではありません。

少しでも楽な体勢を見つけてください。

 

起きてもOKの時期にきたらベッドに腰掛けて交互に脚を上げる運動からはじめてみて下さい。

ただし、決して無理はしないように。

 

あとは徐々にゆっくりでも毎日歩くこと。
歩行器、杖、手すりなど必要に応じて使って下さいね。

 

それから、あせらないこと。
気持ちは常に前向きに、余裕をもって!

 

体、特に腰は温めて冷やさないようにしておいてくださいね。

 

 

■ 圧迫骨折後の腰痛への当院のアプローチ

圧迫骨折後の腰痛、背中の痛みも特化して取り組んでおります。

骨折後、何ヶ月もたってるのに痛みが続いているのは周囲の筋肉の影響です。

 

無痛の整体

おがわ整骨院では、骨盤矯正も含めた無痛の整体で体の歪み、筋肉の緊張、内臓の疲れを改善させることで痛みやしびれなど改善させていきます。

 

無痛の整体なので安心、安全です!

整体や骨盤矯正と聞くと、バキバキ鳴らして痛そうなイメージがありますが、当院では無痛施術によりお客さまの体に無理な負担をかけずに施術できます。

整体に恐怖感をお持ちの方はもちろん、揉まれるのが苦手方にも最適です。

 

根本から痛みや不調を改善します!

今までにマッサージや整体を受けたことがある方の中には、一時的には良くなっても、また元に戻ってしまったという経験をされた方もいるかもしれません。

それは、痛い部分へのアプローチのみでその痛みの原因となっている部分の改善がされていないからです。

当院