blogブログ

交通事故の慰謝料はどのように請求すれば良いの?

慰謝料は精神的苦痛と肉体的苦痛が発生した時に支払うお金のことです。
例えば、交通事故にあって通院し、症状が緩和されても、それ以外の要素でまだ元の生活に戻らないことがあります。

むち打ちなどの症状が後で出るかもしれません。
そうなると治りが遅いことで精神的支障をきたして、睡眠障害に陥るなんてことも考えられます。

これらは事故の影響が考えられますので、慰謝料に相当すると考えられます。
では慰謝料はどのように決まるのか。

慰謝料を算定するには、3つの基準のもとに決めていきます。
それは自賠責基準、任意保険基準、裁判基準です。

交通事故にあって、実際に必要になった治療費や入院費などを基準に算出していきます。
他にも後遺症となる症状を伝えることで、それが慰謝料として反映されることもあります。

慰謝料は直接個人から個人へ連絡するより、相手方の自賠責保険会社に慰謝料を請求するなど間接的に請求するのが一般的です。

そのほうが事故証明書や診断書、通院交通証明書などを集めてから適切な請求をできます。

もし交通事故の請求方法でわからないことがありましたら、おがわ整骨院までご相談ください。
おがわ整骨院は交通事故の際に慰謝料の請求が可能なのかもアドバイスしています。

ご予約はこちらから

CONTACT
ご予約・お問い合わせ

022-209-3700

(時間外・休日も転送されます)

ご予約はこちらから!